インフォメーション

2019-11-26 09:42:00

11月23日号、1977号も無事に発行

 

このところ穏やかな天気が続いている美瑛町。それでも

すっかり雪景色です。来週からは12月。本当に早いもの。

千歳市周辺の地元紙「千歳民放」が来年1月で休刊との報道。

地方紙は本当に少なくなってきています。残念なことだな

あと。地元の情報は、地元にあまり出回らないので、地元

紙の役割はけっこう大きいのですが、やはり発行を続ける

のは大変ですからねえ。びえい新聞も大変ですが、逆に

小さくて一人でやっているからできているのかなあと。

電子媒体ではなく、あくまでも紙媒体でやっていくという

のも意味あるものと思っています。

そんなところで今週の超ローカル情報は次のような感じで。

 

●道内市町村の財政状況が公開。

 将来負担率が上昇。美瑛町の将来は?

●角和町長と若手・女性農業者が和やかに意見交換

●美瑛町開基120年記念・全町下の句かるた大会

●商協ワインパーティー開催

●景観・写真国際フォーラム。効果はいかほど?

●美瑛小とすずらん大学、音楽交流

●元美瑛東小校長の生駒氏が講和

●こども支援センターころころミニ運動会

●郷土史料保存会で記録フィルム上映

●白金ビルケ ザ・ノース・フェイスで町民限定特典

●美瑛町ことばを育てる親の会講演会

              その他もろもろ

 

クリスマスやしめ飾りなどのお知らせも掲載されるように

なってきました。今週で11月も終わり。来週から12月で、

元旦号の準備も進めていかなくてはいけません。年末まで

バタバタになる時期。地域に支えられ復刊から6年目。

細々とながら続けていきます。

2019-11-18 17:28:00

11月16日号、1976号も無事に発行

 

美瑛もすっかり雪模様です。根雪になるのかなあと

いった感じ。クリスマスムードも高まってきていて、

もう年末かと。観光客も今は落ち着いています。

雪の降り始めは車の事故に気を付けたいもの。この

1週間で車同士の衝突事故や路肩に落ちている車など

数件、見かけています。巻き込まれるのも怖いなあと

思いつつ、なるべく車に乗るのを控え歩いています。

そんなところで、いろいろとイベントが盛りだくさん

の今週は次のような感じで。

 

●団体戦6連覇。個人も優勝・準優勝を独占。

 猟友会美瑛支部が射撃大会で記録更新

●農林水産統計調査への永年協力の功績を称えて

 協同組合大雪の農林水産大臣から感謝状

●町内6団体が参加。連携強化に向け産業懇談会

●町議会議員合同所管事務調査

●財政難で防災マップを改訂できない?

 流布された負の発言で問われる町の力量

●明徳・美沢・美馬牛小学校で学芸会

●中学生食育体験「丘の恵みを楽しく食べよう」

●北瑛小麦の丘パン作り教室

●美馬牛中学校の生徒が募金ボランティア活動

●江差追分チャリティーコンサート その他もろもろ

 

先週末は町民下の句カルタ大会が開催。下の句カルタの

シーズンがやってきました。北海道特有のものらしく、

木札を使います。昔はみんな子どもの頃にやっていたそ

うで愛好家は多く、その方々の指導のもとで子ども達も

多くが下の句カルタを楽しんでいます。ルールはよく分

からないのですが、見ているとけっこうおもしろい。

このような伝統が受け継がれているのはいいなあと思い

ます。今年も全道大会を目指して練習に励んでいっます。

大会で活躍してくれることを期待したいですね。

2019-11-11 18:47:00

11月9日号、1975号も無事に発行

 

週末は雪でしたが、今週はだいぶ、天候が回復してきて

います。しかし寒い。自転車も終わりかなと。部屋では

ストーブが欠かせなくなってきました。

小規模小学校の学芸会もあり、掛け持ちで回ったのです

が、人数が少ないとみんなが主役でお芝居の演技が素晴

らしい。長いセリフを堂々としゃべる小学生たちの演技

力に感心させられます。こんな心和む取材はいいものです。

そんなところで今週の新聞は次のような感じで。

 

●幼保連携型認定こども園「びえい青葉幼稚園」開園

●施設解体を前に旧幼稚園でお別れ会

●美瑛町文化祭で文化芸術の魅力発信

●町民ワークショップでまちの戦略を検討

●明徳小学校でサイパル巡回実験教室

●ジオパーク認定に向け関係者が意見交換

●課題解決プロジェクト。締めくくりにプレミアム講演

●美瑛町除排雪「出陣式」で士気高揚

●キャリア教育で佐治晴夫台長が中学生に講義

●小学6年生が未来の提案    その他もろもろ

 

今年は美瑛町開基120年ということで、記念誌の編纂が

行われています。記念誌の中には郷土の新聞ということ

で、びえい新聞のことも少し紹介されており、編集者の

名前も記載されます。まちの記念誌に名前が残るという

のは、ありがたいなあと。記念誌が作られるのは、20年

から30年くらいの間隔なので、たぶん次に作られるのは

開基150年となる30年後。自分の年齢を考えると、30年

後まで新聞を続けるのは難しいと思うので、ちょうどよい

タイミングでした。来年には出来上がると思うので楽しみ

に待ちたいと思います。

 

 

2019-11-07 13:53:00

11月2日号、1974号も無事に発行

 

更新しておらず失礼いたしました。

とうとう、雪が降ってしまいました。昨日6日は朝に雪。

その後は晴れたのですが、今年は何か危ない予感がして

すぐに車のタイヤ交換を終わらせました。いつもより早

い交換です。そして今日7日、朝から小雨が降ってすごく

寒いなあと思っていたら、午後になって雪になりました。

かなり寒いです。昨日のうちにタイヤ交換をしていて良

かったと思った次第。この調子で降り続けると、たぶん

積もるでしょう。明日の朝は真っ白かなという感じ。

週間天気予報も雪だるまマークが多く出没しています。

来週からは少し回復するとは言ってますが、何よりも

寒い。まだ身体が慣れていないからかなあと。体調には

気を付けたいものです。

本格的な冬となってきたところで今週は次のような感じで。

 

●地域課題解決プロジェクト最終発表

●市町村魅力度ランキング、美瑛町は77位

●防災教室で地域の防災力を向上

●くらしの助けあい「あおぞらの集い」

●美瑛中に除雪機を寄贈。フクハラ建運に感謝状

●北海道心の教育推進フォーラムin上川

●美瑛小・美瑛東小で学芸会

●びえい元気キッズ講座/●親子で楽しむ人形劇

●走川氏ガーデニング教室

●本山さん、北海道レスリング選手権大会で優勝

              その他もろもろ

東京オリンピックのマラソンと競歩の札幌開催で、いろ

いろ心ない批判があり道民としては残念なこと。北海道

マラソンのコース、大会で走った経験から言わせてもら

うと、すごくよいコースです。新川通りのフラットな直線、

確かに心が折れそうになりますが、世界のトップアスリー

トが、そんなところで心が折るかなと。フラットな直線は

走りに集中できます。トラック競技と同じで、スピードも

出やすく、早いタイムを出すにはよい条件。

この新川通りを乗り越えると、北海道大学のポプラ並木が

待っています。北海道マラソン、また走りたいなあと。

私の中ではそれほど特別なコース。決して非難されるよう

なものではありません。五輪マラソン、札幌で素晴らしい

走りを期待したいと思います。

そんなことを書いているうちに雪が本格的に降ってきて、

みるみるうちに外が真っ白になってきました。この後、

かなり積もりそうな感じです。これから北海道を訪れる

際は、十分に防寒対策を。

 

2019-10-28 17:20:00

10月26日号、1973号も無事に発行

 

もう10月も終わり。何だか年末に向けて時間が加速して

いるような感じです。このところ天気が良かったことも

あり、ゆきむしの大群が舞う日もありましたが、それも

落ち着き今は街路樹の紅葉がすごくキレイです。外出も

車を使うことが多くなり、自転車もそろそろ終わりかな

あと。このところイベントも多く、美瑛町は相変わらず

いろいろとあります。催しごとが多い美瑛町の今週は、

次のような感じで。

 

●子ども達の未来のために私達ができることを考える

 ボランティアカフェで「びえい未来トーク」

●実践的な消火訓練で地域の安心を支える

 美瑛消防署と消防団第1分団が合同訓練

●格闘技フェスタ美瑛で迫力の熱戦

●景観・写真国際フォーラム写真展が開幕

●親子サッカー対決も。サッカー少年団が清掃活動

●キックボクシング全日本大会U-15で竹内さん準優勝

●バレーボール少年団「美瑛スーパーファイターズ」

 地区予選で優勝。道北ブロック大会出場

●上野カップ、美瑛柔道少年団が入賞

●定員を上回る応募。星のソムリエ資格認定講座開講

●美瑛交番と防犯協会。白金温泉周辺で防犯パトロール

                その他もろもろ

 

今週は子ども達の活躍が紙面を彩りました。こういう記事が

増えるのもいいものです。この時期になると、下の句かるた

の大会もはじまります。北海道ならではの競技ですが、美瑛

は大人の方々が熱心に活動を支えてくれていることもあり、

多くの子ども達が元気に下の句かるたの練習をして大会を

盛り上げています。今年は特別に大人も参加できる大会が

開催され、レベルの高い競技を見ることができそう。

各小学校では学芸会のシーズン。ステージで熱演が繰り広

げられています。景観・写真国際フォーラムという、

国際色をまったく感じさせないイベントも始まりましたが

次からは11月。年末まで1週1週、しっかりとやってい

きます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...