インフォメーション

2021-08-03 19:53:00
7月31日号ー美瑛ミニバス少年団が初優勝ほか

7月31日号、2057号も無事に発行

 

先週は22日の木曜日から4連休となったことで新聞の発送が難しく、

やむなくお休みさせてもらったことから、今週号は2ページ増量で

発行。6ページ仕立てとなっています。

美瑛神社例大祭もあったのですが、町内をお神輿が練り歩く神輿渡

御や各種奉納行事、露店も中止。神事だけの斎行となりました。そ

れでも今年は、神殿で舞姫の舞いが奉納。宵宮祭で「浦安の舞」、

後日祭で「豊栄の舞」がお披露目されました。

びえい新聞もお祭りの期間中は、今年も「松の湯」の前に祭典奉納

のぼりを立てさせてもらったのですが、まちの中にお祭りののぼり

が並ぶと何となく気持ちが上がる感じ。2年続けて奉納行事が中止

となっているので、来年こそは賑やかな祭りが戻ってくることを願

いたいものです。

それにしても、美瑛も30度超えの暑い日が、1週間以上続いていま

す。本日8月3日は気象庁の観測で最高気温34.5度を記録。暑い日が

こんなに長く続くのはこれまでなかったとの声が聞かれています。

何よりも雨が降っていないのが大きな問題。一瞬だけパラっと降った

ことはあったのですが、まともな雨は1カ月近く見ていないような気

がします。まさに干ばつの状態で、農作物に深刻な影響も出ている

様子。これも困ったもの。今週は傘のマークが一部に付いているので、

少しは降ってくれたらいいのですが。そんな願いも込めながら、今週

は次のような感じで。

 

●旭川地区バスケットボール協会U12

 美瑛ミニバス少年団男子が初優勝!

●当麻・美瑛合同チームは準優勝。BOSSクラブ杯中学野球大会

●「まちなかビアガーデン」コラボ企画

 レシピコンテスト・グランプリ決定!

●商工会青年部ビアガーデン。屋外テラスで大盛況

●トリドールHD包括連携協定プロジェクト第1弾

 丸亀製麺のできたてうどんで医療従事者を応援

●作業事故ゼロを目指し危険防止対策を共有。

 町建設業協会安全パトロール

●町建設業協会青年部が地域への奉仕活動

 びえい青葉幼稚園に海の砂の贈り物

●美しい村づくり協議会景観修景活動。住民が協力して景観保全

●手作り屋台や盆踊りなどお祭りを満喫

 びえい青葉幼稚園で楽しく夏祭り

●「こども縁日」大好評/●町長杯パークゴルフ大会

●美瑛学講座「渋沢喜作と亜麻工場」

●神社本殿で舞姫が浦安・豊栄の舞を奉納

 御創祀125年、美瑛神社例大祭

●十勝岳望岳台で祈願祭/●美瑛高校「進路ガイダンス」

                 その他もろもろ

 

増ページでの発行ですが、何やかんやといろいろあったんです。コロ

ナ禍が続く中で、少しでもできる範囲で楽しもうという動きが町内で

出てきたのは良いことかなと。美瑛ミニバス少年団男子チームは悲願

の優勝で、本来なら全道大会に進めるはずが、コロナ禍で札幌地区の

予選会が中止となっており、今年は全道大会がなくなってしまいまし

た。何とも残念。冬に今度は全道・全国大会につながる大会があるそ

うなので、こちらで奮起してもらいたいですね。美瑛は野球も強かっ

たのですが、中学野球部は中体連で3年生が引退したら何と部員4人

になってしまったとのこと。単独でチームが作れず合同チームでの

試合でした。スポーツ少年団やクラブ活動も少子化の影響を受けて

いることを実感させられた次第です。

暑さが続く中、8月はどのような月になるのか、よい話しがなるべ

くたくさんあるよう期待します。

 

 

2021-07-19 17:31:00

7月17日号、2056号も無事に発行

 

先週は早々に驚かされる突然の悲報がもたらされました。美瑛町出身で

北海道議会議員の竹内英順氏の逝去の報告。道議7期26年目、61歳とま

だ働き世代。健康には問題がない感じでしたので、突然のことに本当に

驚きました。町内の方々も予想もしていなかったことで驚いていました。

7期26年の現役の道議という重鎮だけに、葬儀は町民センターで開かれ、

鈴木知事も焼香に訪れていました。

ご冥福をお祈りします。

美瑛もこれまでにないような暑さが続いており、最高気温が33度を超え

てしまいました。昨日、夕方にランニングをしていたら、いつもよりも

かなりヘロヘロになってしまい、運動不足かと思ったのですが帰ってか

ら気象観測データを見ると最高気温の時間帯だったことが判明。暑さで

やられたのかと、熱中症には気を付けたいと思った次第。そんなところ

で今週は次のような感じで。

 

●道や中央とのパイプを生かし上川の発展に尽力

 道議会議員、竹内英順氏逝去、葬儀で惜別

●美瑛小麦推進協議会「美瑛小麦フォーラム」開催

 美瑛小麦のブランド化を一体となって推進

 ・第1部パネルディスカッション「美瑛小麦の未来図」

 ・第2部は写真家達が談義「美瑛小麦の魅力と写真」

●全国豆類経営改善共励会で政策統括賞を受賞

 功績を称え小口氏に表彰状が授与

●まちなかビアガーデンで乾杯!

●観光列車「ノロッコ号」今年も運行

●山里直売所、今年も初日から大盛況

●趣向と工夫を凝らし美瑛高校「美高祭」 その他もろもろ

 

規模を縮小してですが、美瑛小麦フォーラムが無事に開催。美瑛産小麦は

安定した品質の良さから、色んなところから引き合いがある人気の農作物。

丘の景観の代表的な作物でもあります。特に美瑛産小麦「ゆめちから」は

パン作りに適しており、パン作りの専門店や関係者もほれ込み、美瑛に店

を構えるほど。美瑛においしい自家製パンの店が多いのもそれが理由。

先日は、うどん作りにもと、丸亀製麺のトリドール・ホールディングスと

包括連携協定を締結。他から認めてもらえる、良いものを作ってもらえて

いるというのは、住む人にとっても誇らしく思えます。

おいしい夏野菜もたくさん並ぶようになってきました。美瑛はいいなあと

思いながらも、本当にここ数日は暑い。しかし夜には涼しくなるから、ま

だ過ごしやすいのかなと。

来週は、休日が22日、23日に動いたことで、通常の土曜日発行とするた

めの郵送分の新聞発送が難しく、お休みさせていただくことにしました。

東京五輪、地方にはまったく関係がないのですが、変なところで影響を

受けてしまいました。困ったものです。

ということで次号は7月31日になりますが、取材などは通常通り休みな

く行っていますので、ご用の際はご連絡を。

 

 

2021-07-16 15:22:00
7月10日号ー美瑛神社で夏の風物詩「丘の夏もうで」ほか

7月10日号、2055号も無事に発行

 

北海道の風景と言えば、ラベンダーをイメージする人が多いと

思いますが、ひと世代上の方々は「亜麻色の髪の乙女」との歌

にもある、あたり一面の亜麻の花畑の印象を持っている人が多

いと聞いています。郷土学館「美宙」の玄関横では、そんな亜

麻の花を見てもらおうとプランターで亜麻を育てており、私も

初めて亜麻の花を観賞。さっそく写真に撮らせてもらいました。

花の色は青と白の2種類。可愛らしい花です。北海道は亜麻の

一大産地で、美瑛にも製麻工場が幾つかあり、基幹産業のひと

つになっていたとのこと。花は午後にはしぼんでしまうそうで、

見ることができるのは午前中だけ。ひとまず写真を添えておき、

今週は次のような感じで。

 

●今年も「風鈴まつり」で祈願風鈴に願いを込めて

 美瑛神社で夏の風物詩「丘の夏もうで」

●美瑛神社例大祭。神輿渡御は今年も中止

●6日間で予約申込1万セットを超える人気

 びえい電子商品券予約受付スタート

●町内観光にも回復傾向の明るい兆し

●町内25%以上が2回接種済み。59歳以下の接種は8月以降に

●建設用シートが強風で倒壊

●町内中学校で思い出に残る体育祭

●登山にキャンプファイヤーなど夏の体験を満喫

 びえい青葉幼稚園5歳児スペシャルデー

●美瑛高校独自カリキュラム「キャリア教育」 

                  その他もろもろ

 

美瑛も気温30度超えの暑さが続いています。熱中症への注意が

呼びかけられていますが、ジョッキで飲む生ビールの季節。商

店街では店舗前にテラス席などを設ける「まちなかビアガーデ

ン」も始まりました。美瑛神社でも「丘の夏もうで」として、

祈願風鈴を下げる「風鈴まつり」が行われ、境内ではたくさん

の風鈴が清々しい音が響いています。

夏日が続いていることで畑の干ばつの心配もあり、そろそろ少

し雨の潤いは欲しいところ。それでも直売所などでは、おいし

い夏野菜が揃い始めており、美瑛の良さを実感しています。

 

 

2021-07-06 18:04:00

7月3日号、2054号も無事に発行

 

先週末は町内の中学校の運動会を掛け持ち取材。その前の週は

小学校の運動会で久しぶりに週末に行事が続いています。

好天に恵まれているのはよいのですが、屋外でずっとマスクを

していると、日焼けしてマスクの後が白く残るのが困ったもの。

昨年もこうだったなと思い出しました。

先日は幼稚園でお楽しみ会があり、キャンプファイヤーに盆踊

りに打ち上げ花火と、夏の楽しみを先取り。本当に久しぶりに

子ども盆踊りの歌を聞きました。よいものです。それにしても

いつの間に覚えるのか、子ども達がちゃんと輪になって踊れる

のが可愛らしい。今年は町内各所で盆踊りができればいいです

なと思うところではあります。

コロナワクチン接種も順調のようで、16歳以上の町民には接種

券が発送されました。そんなところで今週は次のような感じで。

 

●トリドールホールディングス・JAびえい・美瑛町

 包括連携協定締結で美瑛ブランドを全国に

●「社会を明るくする運動」啓発月間

●規模縮小でも子ども達は元気いっぱい

 晴天のもと町内4小学校で運動会

●青い池など白金方面は多くの観光客の姿

●ミニバス少年団にショットクロック電光表示器を寄贈

 BOSSクラブが子ども達のスポーツ活動を応援

●球場を沸かせた劇的な大逆転。BOSSクラブ杯少年野球大会

●浜塚建設工業㈱、環境美化活動で地域に貢献

●美瑛高校フードデザイン食育活動    その他もろもろ

 

7月1日からは、今年も美瑛神社で「丘の夏もうで」として風鈴

まつりが開かれています。境内にたくさんの祈願風鈴が吊るさ

れ涼しい音をたてており、見栄えも良い感じ。今年もお神輿な

どはなく、神社例大祭は神事だけという形です。神輿が各町内

を回って、露店が出てといった賑やかなお祭りの風景、来年は

戻ってきてくれたらと願います。

美瑛にはだいぶ観光客は戻ってきており、特にレンタカーを多

く見かけるようになりました。少しは賑やかになってきてくれ

そうですが、ひとまず今週号の紙面づくりに苦労している最中。

何とか締め切りまでには記事を集めないと。

 

 

2021-06-28 17:16:00

6月26日号、2053号も無事に発行

 

緊急事態宣言が解除となってから、町内の公共施設なども通常運用

に戻り、取材予定表にも書き込みがだいぶ入るようになっています。

週末には道の駅なども賑わっていました。気温が30度を超える夏日

となっていることもあり、観光客は増えています。

土曜日は町内4小学校で運動会。暑い日になったのですが天気に恵

まれよい運動会になりました。それでもかなり規模は縮小。観客も

減らし、声援ではなく拍手で応援といった感じ。以前までの当たり

前の運動会が懐かしい気がしています。日曜日は野球少年団の大会。

4チームでの勝ち抜け戦で、この日は他に特に用事がなかったこと

からずっと試合を見ていたのですがおもしろかった。決勝戦では最

終回、2アウトから4点差をひっくり返す大逆転。ほぼ試合が決ま

っていた展開での大逆転に主催者席もびっくり。野球は2アウトか

らとよく言いますが本当に何が起きるか分からない。あきらめない

ことの大切さも見せてくれました。もちろん両チームの反応は歓喜

と涙の相対。見ている方はおもしろかったのですが、プレーする選

手たちは、かなりプレッシャーだったことでしょう。よくがんばり

ました。そんなところで、びえい新聞もがんばらなければ。

今週は次のような感じで。

 

●気になるのは議事よりも帰宅時間?

 議論低調。町議会第3回定例会

●コロナ禍で質疑応答も自粛中?予定調和でサクサク承認

●30%プレミアム付「好きですびえい電子商品券」

 町民用は7月1日から予約受付開始

●美瑛町観光協会定時総会

●トヨペットふれあいグリーンキャンペーン

●ラスノーブル苗復活プロジェクトクラウドファンディング

 住友商事北海道㈱が売上げの一部を寄付

●前田真三写真集「HILL TO HILL」発刊

 自然、農業、写真、食、人をつなぐ、次代へつなぐ

 丘をつなぐプロジェクトに寄せる前田景さんの思い

●パネルや展示物で亜麻の歴史を紹介

 郷土学館企画展「美瑛の亜麻の歴史」 その他もろもろ

 

最近、朝夕にカッコウのすごくよい鳴き声が響いており、時計代

わりのようにもなっていたのですが、このところ急に暑くなった

からなのか鳴き声が聞こえなくなり残念。山の中に住んでいるわ

けではないのですが、自然が近いのも美瑛の良いところ。

丘も様々な農作物で色づいてきており、ひじょうによい感じ。

車の運転が楽しい季節になっています。冬の景色から一転。この

季節の風景のギャップが美瑛の良さですね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...