インフォメーション

2019-05-26 09:28:00

5月25日号、1952号も無事に発行

 

昨日は町内の2つの中学校で体育祭。北海道はこの時期、

過去最高となる真夏日を記録したそうです。

暑いとは言っても北海道、風は爽やかで気持ち良い天気

でした。仕事を終えた後のビールもおいしい。

ついこの間まで雪に覆われてた景色がうそのように色づい

ており、本当によい季節になりました。

そんな美瑛の今週は次のような感じで。

 

●町商工会も代替わり?通常総代会が開会

 西森会長が総代会で引退の意思を表明

●商工政治連盟美瑛支部総会

●商工業協同組合通常総会

●丘のまち缶トリー作戦/●交通安全地蔵尊祈願祭

●ゆるキャラも応援。旭川東警察署が防犯キャンペーン

●町内小学校でJAFこころのプロジェクト

●かけっこ教室で運動会の特訓

●町長杯争奪コート開きゲートボール大会

●白金温泉で合同パトロール 

●美瑛白金太鼓13代目会長に就任ー吉川さん

その他もろもろ

 

20年ぶりに町長が替わったことで、色んなところで

替わってきています。副町長、商工会会長、観光協会

会長をはじめ、新体制になっています。これが選挙な

んだなあと実感。よいまちに向かうことを願いたいですね。

防犯キャンペーンの取材の最中、アマゾンかな携帯電話に

謎のショートメール。登録料金の未納があるコールセンター

に電話をとのこと。アマゾンなんて使ったことないと。

特殊詐欺のメールです。本当にこんなのがあるんだと

思いました。今週の紙面にネタとして取り上げましたが、

気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

2019-05-26 09:00:00

5月18日、1951号も無事に発行

 

しばらく寒かったり雨が降ったりといった、グズついた

天気が続いていたのですが、この週あたりから快晴が続

き桜も満開に。恒例の桜まつりも大盛況でした。

美瑛もよい季節を迎えました。十勝岳の山並みもすごく

きれいに見えています。そろそろ特産のアスパラのシー

ズン。山菜もけっこう出始めていて、ワラビやウドは

おいしくいただきました。アイヌねぎ(行者ニンニク)

は、まだ食していないのですがこれからかな。おいし

いものが色々と出てくるので楽しみな季節です。

旬の滋養をつけているところでこの週は次のような感じで。

 

●若手農業者が農地と農業景観を守るために立ち上がった。

 「畑看板プロジェクト」クラウドファンディング5/24公開

●美瑛町新農業人激励の集い/●図書館体験会が大好評

●びえい桜まつり例年以上の大盛況

●町長杯パークゴルフ大会/●びえい9条の会総会

●国民民主党の玉木代表が美瑛町を訪問

●原水爆禁止平和行進の使者が来町

●こども陶芸展ピースポール設置

●丸善グループ安全大会で安全意識を高揚

              その他もろもろ

 

畑看板プロジェクト、公開後にサーバーがダウンするほど

アクセスがあったようで、美瑛の農業と観光の問題につい

ての関心の高まりはうれしいこと。若手農業者が手作りで

企画しているプロジェクトなので応援しています。

協力金もかなり集まっている様子。ありがたいですね。

観光客のオーバーフロー、観光公害と呼ばれる各種問題、

多くの人が来てくれているので贅沢な悩みなのかもしれ

ませんが、実際は切実な問題。よい方策があればいいの

ですが。

それにしても昨年の美瑛の観光客入込数、過去最高の

220万人との数字が出たようで、一昨年に170万人超えた

時も思ったのですが、どこからこんな数字が出るのかまっ

たく不思議。特に昨年は北海道胆振東部地震の影響で大規

模なブラックアウトもあり、宿泊キャンセルも相次いだ年。

いい加減にお手盛りの観光客の算定、見直した方がよいの

ではと思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019-05-26 08:38:00

5月11日号、1950号も無事に発行

 

またまた更新忘れで失礼しました。

新聞もこの号から元号が令和と変わりました。

美瑛も町長、議会と変わりました。

よい方向に向かってもらうことを願いつつ、

まずは自身の最近の更新忘れの怠惰を直さな

ければいけませんね。

そんなところでまずこの週は次のような感じで。

 

●変革なるか。オール美瑛のまちづくりを呼びかけ。

 職員等に迎えられ角和町長が初登庁

●町議会初代議長に並ぶ歴代最年少議長が誕生。

 佐藤議長、八木副議長の新体制で始動

●御即位・礼和元年奉告祀、役員退任・就任式

 参拝客で賑わう美瑛神社で祝辞

●美瑛地区統一メーデー/●すずらん大学講義スタート

●道内初!星のソムリエ認定講座修了

 準星空案内人22人が誕生

●手作りロケットに子ども達が大喜び

●高齢者事業団定期総会

●美瑛学で郷土の歴史を再確認

    その他もろもろ

 

大型連休明けの発行。連休中は何もなく困ったもの。

観光客の車が多く、もらい事故に遭うのもいやなので、

主に自転車で町内をぶらぶらしていましたが、公共施

設はどこも休み。取材もなく、観光客ばかりでまちの

人達の姿も見かけず、かといって観光地には近づきた

くなく、こんなに休みはいらないなあと退屈しきり。

特にネタもなく、いつもは3月末にしていた新聞の休

刊日をこっちにして良かったといった感じ。

ひとまず選挙も終わり、この週から日常が戻ってきました。

サクサクと次の更新に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019-05-01 16:38:00

4月27日号も無事に発行

 

号外特別号から5日後の発行。ゴールデンウィークに

入ったら郵送分の発送ができなくなるため、出さざる

を得なくなったもの。ネタは十分なので大丈夫だった

のですが休みもなく、寝る時間もなく作るのにたいへ

んな思いをしました。号外もそうでしたが、今回もなか

なか良い出来栄え。人間、窮地になると不思議な力が

出るようです。しかもこの号、朝9時からの浜田町長の

退任式を取材してその日のうちに発行する離れ業をやって

のけた号。朝に取材して原稿を書きデザイン・印刷して

折って午後3時頃から配達、まさに速報で伝えています。

分業制の大手新聞社ならできることですが、1人では

かなりハード。

そんな苦労の中での内容は次のような感じで。

 

●5期20年にわたる町政牽引にねぎらいの言葉

 浜田町長、職員等に見送られ退庁

●町長・町議選挙当選者に当選証書を付与

●20年ぶりの新人対決。町長選を振り返る。

 町民が選んだのは、新しい美瑛への変革

●美瑛ゲートボール連合総会/●町文化連盟総会

●十勝岳愛護少年団入団式/●美瑛小で交通安全青空教室

●特殊詐欺の未然防止に旭川東警察署が感謝状

 セイコーマート美瑛店の店長、お手柄

●あおば幼稚園に園児たちの手づくり鯉のぼり

               その他もろもろ

 

発行を終えた夜、ご飯を食べかけのまま朝まで寝込ん

でしまい、やはり気が張って疲れもたまっていたんだ

なと実感。それでもこの号、けっこう好評。選挙に出

たわけでもないのに、びえい新聞がんばったなと重ね

て自負しています。

今回の選挙では、町長選立候補予定者の政策討論会に

はじまり、号外、即日発行など、やりたいことをやら

せてもらった感じ。持ち出しが多く赤字は覚悟の上で

すが、よくやってると声をかけてくれる人も多く、

お金よりも気持ち的に励みになっています。

ただ忙しかった反動で、このところモチベーションが

上がらず怠け者になっているのですが…。

元号も変わったことで、気を引き締めて更新もきちんと

行っていきます。なおゴールデンウイーク期間中のため、

1週お休みして次号は5月11日発行となります。

 

2019-05-01 16:11:00

4月22日 号外特別号を初めて発行

 

びえい新聞初の号外発行。町長選は20年ぶりの新人対決と

いうこともあり、びえい新聞も気合を入れました。

当日は夜8時から開票所で待機。町長・町議両方の開票結果の

暫定値が出たのが午後9時45分。ここで開票所を飛び出し

新町長の祝賀会場で万歳の写真と簡単なインタビュー。続いて

町議の2つの事務所を回って帰ったのが11時頃。それから

原稿を仕上げデザインし版下を仕上げ印刷。新聞を折って郵送

分の準備を終えたのが朝5時。号外速報なのですぐに配達に出

かけ、昼まで駆け回り午後1時から町長・町議の交付式の取材。

さすがにたいへんでした。内容は次の通り。

●町長選20年ぶりの新人対決。注目の対決は803票差で決着

 角和浩幸 新町長誕生!

●4人が立起した町長選。投票率は79.86パーセント

 新たな時代に向けた、新しい風に町民が期待

●町議会選挙19人が出馬

 佐藤氏がトップ当選。女性も躍進

 現職8人、新人6人が当選

前号から2日後の発行ということもあり、選挙特別号のニュー

スに特科。びえい新聞初のもので、かなり貴重な号外です。

それだけにけっこう欲しいという人もおり、出して良かった

のかなと思う反面、負けた陣営の方にとっては、くやしさを

倍増させるだけのもので、破り捨てられたものもあった様子。

仕方ないですね。

号外を出したからといって購読が増えるわけでもなく、印刷代

や郵送代が余計にかかるだけなので、経営的に見ればまったく

無駄なこと。でもやれたのは、ひとつの成果になったかなと

自己満足しています。

選挙中は色んな方々と話しをする機会に恵まれた一方、色んな

ことも言われたこともあり、お祭り騒ぎだったといった感じ。

さらにこの週も普通に新聞発行しており、この2週間は本当に

よくやりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...