インフォメーション

2020-10-25 15:48:00

10月24日号、2021号も無事に発行

 

ストーブが必要になってきた美瑛町。車のタイヤ交換もそろそろ

考えなければいけないかなあといったところ。すっかり寒くなっ

てきていますが、びえい新聞は熱い情報をお届けしています。

それというのもこのところ、何かと町の騒動が増えてきているか

ら。音楽療法、消防の問題もある中で、今度は土地所有権移転の

裁判で、1審の町民勝訴の判決を不服として町が控訴。どうして

こういう対応になってしまうのか本当に理解に苦しむところです。

この案件は10月26日の臨時議会でも審議されるのですが、今週

号で軽く触れており、来週号で改めて詳しく伝えます。

そんなところで今週は次のような感じで。

 

●道内町村で初、社会福祉法人では5例目の快挙

 美瑛慈光会が厚生労働省「くるみん」認定

 ・「子育てサポート企業」に認定

 ・女性の育児休業取得率100%達成

 ・職員を大切にする環境が企業の存在価値を高める

●美馬牛中学校が北海道共同募金会長表彰

●美瑛高校・美瑛中学校の生徒たちが職場体験

●土地所有権移転登記手続請求控訴事件

 町民勝訴を不服として町が控訴

●美瑛消防署と消防団第1分団が夜間合同訓練

●町図書館「読書deビンゴ」開催中

●「こども陶芸展inびえい」発展的構想

 ビルケの森にセラミックツリーの森を作ろう!

●国立大雪青少年交流の家

 「女性のための登山入門~Enjoy!アウトドアガール」

             その他もろもろ

 

先日、町図書館で資料を確認していた時、図面の小さな文字が見え

にくく目を細めていたのですが、よほどしかめっ面をしていたのか

図書館のスタッフの方から「老眼鏡ありますよ」とひと声。

生まれてこれまでメガネに縁のない生活を送っており「老眼鏡?」

とは思ったものの、持ってきてきれたこともあり強・中・弱の3

本の中から弱をかけてみてびっくり。こんなに見えるのかと驚くほ

どクッキリハッキリ。これはありがたいと思うと同時に老眼鏡のお

世話になってしまったと少しショックも。言われてみれば取材メモ

の文字も見えにくくルーペを使うことが増えていたので、老眼とい

うことだったのかと。老眼鏡を買わなければと思いつつも、なかな

か足が進まないところ。小さな文字が見えにくい以上は、諦めなけ

ればなあと思いつつも、老眼鏡かあ…

 

 

 

 

2020-10-20 10:01:00
10月17日号ー角和町長が虚偽答弁?ずさんな調査が発覚ほか

10月17日号、2020号も無事に発行

 

美瑛もすっかり寒くなってきました。写真を添えたように、十勝岳も

冠雪しています。いよいよストーブも稼働。一気に冷え込みました。

今回はさすがにこれは問題というものをメイン記事にあげさせてもら

いました。講師を招いての高齢者を対象とした音楽療法の最中に、町

の担当職員からの叱責があったとの講師側の話しを、町では否定。

町議会でもこの件についての質問があり、角和町長は「当日の関係者

への聞き取り調査の結果、問題となっているようなことはなかった」

としました。ところが後に、聞き取り調査がほとんど行われていなか

ったことが発覚。議会はユーチューブでの配信もされており、講師の

信用を貶める結果となった次第。さらに再調査とした関係者への調査

票に当紙の記事の一文を抜き出して無断使用。町に都合の良いよう印

象操作しており、これが役場の出す公文書なのかと呆れ、勝手な悪用

に抗議しました。講師は本州の大学の名誉教授でもあり、音楽療法の

権威。その方を町がうそつき呼ばわりしたのですから、これは大問題。

本当に美瑛町はどうなってしまったのかと危惧しています。

当紙は購読者向けのローカル紙ということもあり、紙面の公開などは

行っていませんが、今回の件は特別ということもあり、関心のある方

は「お問い合わせ」フォームからでも結構ですのでご連絡いただけれ

ば該当する部分の紙面をPDFデータでお送りします。

そんな怒っていることもありながら、今週は次のような感じで。

 

●これはひどい!

 名誉棄損、議会の冒涜、人権問題にも抵触。答弁の責任はどこに!

 角和町長が虚偽答弁?ずさんな調査が発覚

●町民を軽んじバカにした町の姿勢に非難の声

 音楽療法の姑息な調査で不信感と怒りが増幅

●日本で最も美しい村ビューティフルデーと同時開催

 缶トリー作戦&修景活動に町内194人が参加

●移住者交流会で意見交換/●土曜学習で漢字活用力アップ

●すずらん大学講座。写真で辿るノスタルジック美瑛

●ナキウサギ観察会。ジュニア美瑛学で十勝岳をフィールドワーク

●本格スイーツ専門店「cafe Toriko」オープン!

●美瑛もぎたて市・にこにこ市場の収穫祭

●オーロラ上映&トークライブ    その他もろもろ

 

郷土学館「美宙」天文台の天文台長で、理学博士の佐治晴夫先生から

贅沢なことにコラムを連載させていただいており、今回で一区切りの

10回目。世界的権威で著書も多い佐治先生から、こんなローカル紙に

コラムを書いてもらえるというのは本当に感謝のひと言。後の方は、

かなり辛辣な内容となってきましたが、町の人にはかなり関心を持っ

て読んでもらえた様子です。それにしても温厚な佐治先生に辛辣な

文言を書かせてしまう最近の町役場というのはいかがなものか。

ほかにも消防の問題もまだ収まっておらず、困ったものです。

紙面づくりに苦労しながらも、伝えるべきことはしっかり伝えてい

きます。

 

 

2020-10-11 14:12:00

10月10日号、2019号も無事に発行

 

先週は新聞発行のお休みをいただきました。美瑛もすっかり

秋で、十勝岳も冠雪しました。ゆきむしも舞っています。

今年もまた冬が来るなあといった感じ。けっこう気温も下が

ってきているので、美瑛に来る方は暖かい服装で。

観光客も増えてきました。おいしい秋の味覚も勢揃いして

います。でも何となくいつもの賑やかさはないかなあと。

こうしている間に、すぐに年末が来るのだろうと思いつつ、

今週は次のような感じで。

 

●富良野地方自衛隊協力会 美瑛支部・女性部設立総会

●安全運転の旗の波でドライバーにアピール。

 丸善建設、交通安全啓発ボランティア活動

●赤い羽根募金活動スタート

●BOSSクラブ新人少年野球大会

●美瑛高校で特別の美高祭/●美瑛小でミニ運動会

●フクハラ建運、新ユニフォーム寄贈で活動を応援

 美瑛ミニバス少年団から福原代表に感謝状

●スポーツチャレンジ教室&ペアレンツスクール

●美瑛プレミアムブランド「ビエイティフル」

 「豆ごころ」、「美瑛のおみそ」が認定

●ランニング愛好家が集まり気軽にトーク

 「結び家」ラン&談話会10月24日集合

             その他もろもろ

 

このところ何かと町のゴタゴタ続きで、役場への不信感が

くすぶっており、よくないなあといった感じ。いったいど

うなってしまったのか困ったものです。

連載してもらっている理学博士の佐治晴夫先生のコラムが

次第に厳しい口調になっている気持ちも分かります。ただ

でさえコロナの自粛で我慢の生活スタイルを強いられてい

る中で、住民の神経を逆なでするような町の対応や施策。

繰り返しますが本当にどうなってしまったのかなあといっ

た感じです。そんな中、びえい新聞は期待を裏切らないよ

う、しっかり声を上げていきます。次号もお楽しみに。

 

 

 

 

2020-09-29 17:06:00

9月26日号、2018号も無事に発行

 

更新が遅れてしまい失礼しました。

美瑛はだいぶ寒くなってきています。秋を通り越し冬が来そ

うな気配さえあるところ。町内の小中学校では、規模を縮小

しながらも運動会などが開かれています。そんな中、美瑛中

学校では初めての試みとなる学校祭。学校のグラウンドで行

われたもので、体育的行事の後、吹奏楽部の演奏、キャンプ

ファイヤー、校舎の壁で生徒たちの映像作品上映、最後は

打ち上げ花火と、なかなかの内容。来年以降もこのスタイル

になるかもという意見も出ているとか。天気もよく、思い出

に残ったのではないかと思います。

そんなところで今週は次のような感じで。

 

●生徒たちの思いを込めた初の試み

 美瑛中学校で思い出に残る学校祭

●冬に向け経済対策第5弾

●美瑛町議会第6回定例会

●地域通貨導入事業5485万6千円計上

●びえい青葉幼稚園で演舞などを再演

          その他もろもろ

8月から毎週土曜日に続けてきたコミュニティFM放送も、

9月26日でひとまず終了。今週のびえい新聞のコーナー

では、美瑛高校の生徒さんたちと楽しく話しをさせても

らいました。これまでやってきた放送の録音を聞いてみ

ると、ゲストに助けられていることもあり、自分で思っ

ていたよりも何とかなっていた感じで、そのうちどこか

にアップしてみようかなと思った次第。

来週10月3日は休刊。3月と9月の年2回だけのお休みと

なります。と言っても取材などは通常通り。さらにこの

間、溜まっていた事務処理で手一杯になるので、休暇と

いった感じではないですね。本当にこの帳簿を作るとい

う作業が苦手。溜まっている領収書、日計表などを前に

すると、急にやる気がなくなってしまうのは何故かなと。

しかし1週間などすぐに過ぎていきます。

たまにはゆっくり休みたいとは思うものの、新聞を

楽しみにしてるとお世辞でも言ってもらえている限り

は、何とか続けていく所存です。

 

 

2020-09-20 08:12:00
9月19日号ー開拓記念式典開会ほか

9月19日号、2017号も無事に発行

 

美瑛はすっかり秋。秋晴れの天気ですが風は冷たくなってきました。

相変わらずイベントなどがなく、毎週の紙面づくりで頭を悩ませて

いるためうっかりしていたのですが、2014年6月7日号でびえい新

聞を復刊させてから今回で310号目。今年は通算2000号達成もあっ

たのですが、ひそかに復刊300号も達成していました。復刊から7年

目に突入。毎週毎週よくやっているなあと我ながら感心しています。

そうは言っても今週も新聞は続いており、振り返る間もなく次をど

うしようかと言ったところ。新聞などの文字媒体は、デジタルに取

って代わられガラパゴス化していると言われていますが、超ローカ

ル紙のびえい新聞は、まさにガラパゴスの代表のようなもの。それ

でも購読したいと言ってもらえる読者の方々がいるのはありがたい

こと。今週も町内を駆け回りながら、何とか続けていきたいと思い

ます。そんなところで今週は次のような感じで。

 

●規模縮小でも功労者への敬意は大きく。第49回開拓記念式典

●7人が一般質問。一般会計補正予算など審議。

 美瑛町議会第6回定例会が開会

●美瑛学「秋の植物観察会」

●伝統の青葉太鼓が園庭に響き渡る。びえい青葉幼稚園で運動会

●美馬牛中学校で体育祭

●キャラバンメイト連絡協議会。びえいオレンジカフェスタート

●前田真三写真ギャラリー「拓真館で美瑛を学ぼう」

●江別製粉と美瑛との出会い~前編~ その他もろもろ

 

このところ週末は保育園や幼稚園、小中学校で運動愛などが開

催。あおば幼稚園では、青葉太鼓の演奏もあり楽しませてもら

いました。19日は美瑛中学校で学校祭。コロナへの対策として、

初めての試みとなった学校祭で、校庭でキャンプファイヤーや

生徒たちが各クラスで作ったビデオ上映、サプライズ花火もあ

り、生徒たちの思い出に残るようなよい内容でした。先生たち

の気持ちも伝わってきて、いい中学校になっているなあと改め

て感じさせられた次第。

毎週土曜日に続けているFMラジオテスト放送も、来週の9月末

でひとまず終了。30分の生放送のコーナーを担当してきました

が、少し肩の荷がおりるかなと。やはりしゃべるよりも書く方

が楽ですね。

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...