インフォメーション

2020-01-03 09:46:00

1月1日、元旦号。1981号も無事に発行

 

新年となりました。明けましておめでとうございます。

本年もよい年となりますように。

元旦号は、かなり苦労しました。出来上がったのも年末ぎりぎり

で冷や汗をかきながらの作業。今回はインタビュー系の記事が多

かったこともあり、取材の調整に手間取ってしまったのが苦労し

た要因。それでも何とか仕上がりお正月を無事に迎えることがで

きました。

例年、「びえい新聞が伝えた出来事」として、月ごとの出来事を

まとめているのですが、2019年は毎月毎月、実にいろんなこと

があり、かなり詰め込んでいます。選別も難しく、ここが最後

まで作業が残った部分。30日にやっと新聞を配り終えて、31日

は例年通り、夜12時の美瑛神社の年越し花火をはじめ、除夜の鐘

や各地の神社回り。そんなこんなで正月も慌ただしく過ごしてい

ます。美瑛は、かなり雪も降っていますが、比較的、天気は穏やか。

そんなところで元旦号は次のような感じで。

 

●角和町長新春インタビュー/●町議会、佐藤議長新春インタビュー

●美瑛産小麦が国を動かした!

 びえい小麦キャンプが広げた新たな可能性

●美瑛の風土でじっくり熟成。美瑛ファーム「チーズ工房」

●北海道議会、竹内英順道議「令和の新時代に向かって」

●公共施設の料金見直しで町民への影響は?

 第8回町議会定例会で条例改正

●具体性に欠ける説明に議員からも疑問の声

 どうなる?青い池駐車場有料化

●連合北海道美瑛地区連合会定期総会

●町建設業協会「びえい未来トーク」

●多機能グループホーム「虹」が増設

●地域包括支援センター地域ケア講演会

●各団体のボランティアが協力して笑顔をサポート

 みんなで和やかに歳末もちつき大会

●いちばん星2周年、輝星1周年を記念

 満天の丘きらきら交流会

●美瑛高学校運営協議会教育講演会

●美瑛高インターンシップ報告会/町内中学キャリア教育

●何を数えればこんなに膨れ上がるのか>

 選挙前に跳ね上がる観光客数の不思議

●びえい新聞が伝えた2019

●星のソムリエ資格認定講座修了式

●ジュニア美瑛学「日食メガネ」/●特別展「はやぶさ2」

●お楽しみクリスマス会/●すずらん大学実技講座

●クリスマスコンサート/●親子クッキング講座

●下の句かるた合同練習会/●ころころクリスマス会

●本格的な古典舞踊のお稽古で所作も美しく。彩生流扇桜の会

●図書館貸出ランキング       その他もろもろ

 

例年、元旦号の表紙は干支にちなんだ写真を掲載しており、

今年はエゾリスにしてみました。「木ねずみ」とも呼ばれて

いたこともあるということから、子年の仲間に入れてもいい

かなと考えた次第。写真は郷土学館「美宙」の荒明さんに

お願いして協力いただきました。とてもよい写真がたくさ

んあり感謝です。

苦労はしましたが、今回の元旦号はボリュームもあり、よ

くまとまったかなと自分的には内容に満足。焦って作った

だけに誤字などはあり、申し訳ないながらも仕方ない。

本日3日はやっとゆっくりできているところですが、来週

からまた新聞は再開。ネタがない中でどうしようと思うと、

ゆっくりもしてられないかなあと。

いずれにせよ、本年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

2019-12-16 10:43:00

12月14日号、1980号も無事に発行

 

13日の金曜日、とんでもないくらい雪が降りました。

ニュースでも美瑛では35㎝から40㎝の積雪量と報じられて

いました。道内でも特別に多かったようです。

確かにその通り、未明から雪はすごかった。特にこの日は

新聞の配達日。雪に埋もれた車を掘り起こし、時には腰まで

雪に埋もれながら雪をかき分け早朝から新聞配達。さらにこ

の日は幾つか取材が重なっており、たいへんな一日となりま

した。朝早くから除雪が入っており、主な道路は大丈夫だっ

たのですが、わき道に入ると雪で車が進まなくなる状態。

本当に一気に降った感じです。そんな苦労をしながら配った

今週号は、次のような感じで。

 

●「スピード感をもってやる」の言葉の先にあるものは?

 有料化に向け青い池駐車場条例を審議

●成婚率アップに向け大雪さんろく倶楽部が婚活プロジェクト

●スポーツ交流会で広がる大きな笑顔/●障がいの日、交流会

●麻雀教室が定員超えの大反響/●全町ミニバレーボール大会

●佐治晴夫博士「クリスマスレクチュア」今年も大好評

●美瑛東小で交通安全教室/●駅前ハートツリーなどが点灯

●美瑛母と女性教職員のつどい講演会

●図書館クリスマス会が親子に好評  その他もろもろ

 

2019年の新聞は、今回でひとまず終了。次は年末に出す

新年号となります。新年号はボリュームがあるだけに、

すでに制作に突入。取材を進めているところですが、取

材先の都合もあり、どうも今年はかなりぎりぎりになり

そうな感じ。クリスマスどころではなさそうながらも、

飲み会の予定はしっかりと幾つか入っているところ。

今年も年末までバタバタとやっているでしょう。

付け加えておくなら、有料化に向けた青い池駐車場条例

の付託審査。町の説明はツッコミどころ満載でした。

今回の号で軽くふれましたが、次号でもう少し詳しくお

伝えします。ひとまず新年号をお楽しみに。

 

 

2019-12-10 09:16:00

12月7日号、1979号も無事に発行

 

かなり雪が降りました。本格的な冬がやってきました。12月に入った

ということでもう年末の準備開始。本当に一年が早く感じます。

イベントも重なっており、何かと忙しくなっています。元旦号をどう

しようと焦る気持ちもありながら、今週は次のような感じで。

 

●新役員も選任。民生委員児童委員改選で感謝状授与式・委嘱状交付式

●町長と農業委員との意見交換会/●明徳小で賑やかにもちつき大会

●わいわいプール1周年を楽しくお祝い/●美瑛高テーブルマナー教室

●美瑛小5年生、親子で25㍍のジャンボのり巻きに挑戦

●美瑛小で幼保交流授業/●子ども支援センター講演会

●親子一緒に「からだをつかおう!」教室

●すずらん大学チャレンジDAYで歌声喫茶  その他もろもろ

 

ふと見れば次号は1980号ときりのよい号数。その次は元旦号と

なるので、ちょうど1981号から始まるということ。いい感じの

スタートです。このままいけば来年は2000号達成となります。

1707号からはじめて6年。少しは積み重ねてくることができた

なあといった感じです。何事も地道に続けることが大事なんだ

なあと思わされています。ひとまず今週号も仕上げないと次に

進めないので、まずはひとつずつ。

 

 

2019-12-01 07:36:00

11月30日号、1978号も無事に発行

 

今週も比較的、穏やかな天気だった美瑛町。雪は積もって

いますが、幹線道路の路面は出ています。しかし昨日も、

国道で路肩に落ちている車を見かけ、所々で路面がアイ

スバーンになっているところがあるので運転には注意を。

まだ足元が慣れていないようで、私も2度ほど転んでし

まいました。慌てたらダメですね。

いよいよ12月に突入。元旦特別号の準備を進めなければ

というところで、今週は次のような感じで。

 

●国の通知による安全基準強化で公園遊具が使用禁止に

 どうなる?子どもたちの外遊び

●JAびえいが今年も学校給食用に美瑛産の米と食パンを寄贈

●美瑛町商工会永年勤続従業員表彰式

●美瑛町キャラバンメイト連絡協議会で認知症の映画上映

●町民まちづくり提案事業、応募件数約60件と好調

●美沢小で地域の人々を招き収穫祭

●理学博士の佐治晴夫氏が小学校で特別授業

●美瑛小ステラ学級で児童たちが陶芸体験

●格闘技フェスタ実行委員会が美瑛空手塾に用具寄贈

●開基120年記念ゲートボール冬季大会

●少年団大会、賑やかに開催 

 

話しを聞いておきながら紙面の関係上、先送りにして

しまってる記事もあり申し訳なく思っているところ。

そのひとつが今週の公園問題。もう雪で今シーズンは

公園は使われなくなっているので、タイミング的には

遅くなってしまいました。きちんと書かなければいけ

ないものは、どうしてもスペースをとってしまうので、

紙面に空きを作る必要がありこの塩梅が難しい。

特に年末は行事が重なっていることもあり、紙面づく

りに苦労しています。それでも記事があるのはありが

たいこと。美瑛町は何やかんやと賑やかです。

2019-11-26 09:42:00

11月23日号、1977号も無事に発行

 

このところ穏やかな天気が続いている美瑛町。それでも

すっかり雪景色です。来週からは12月。本当に早いもの。

千歳市周辺の地元紙「千歳民放」が来年1月で休刊との報道。

地方紙は本当に少なくなってきています。残念なことだな

あと。地元の情報は、地元にあまり出回らないので、地元

紙の役割はけっこう大きいのですが、やはり発行を続ける

のは大変ですからねえ。びえい新聞も大変ですが、逆に

小さくて一人でやっているからできているのかなあと。

電子媒体ではなく、あくまでも紙媒体でやっていくという

のも意味あるものと思っています。

そんなところで今週の超ローカル情報は次のような感じで。

 

●道内市町村の財政状況が公開。

 将来負担率が上昇。美瑛町の将来は?

●角和町長と若手・女性農業者が和やかに意見交換

●美瑛町開基120年記念・全町下の句かるた大会

●商協ワインパーティー開催

●景観・写真国際フォーラム。効果はいかほど?

●美瑛小とすずらん大学、音楽交流

●元美瑛東小校長の生駒氏が講和

●こども支援センターころころミニ運動会

●郷土史料保存会で記録フィルム上映

●白金ビルケ ザ・ノース・フェイスで町民限定特典

●美瑛町ことばを育てる親の会講演会

              その他もろもろ

 

クリスマスやしめ飾りなどのお知らせも掲載されるように

なってきました。今週で11月も終わり。来週から12月で、

元旦号の準備も進めていかなくてはいけません。年末まで

バタバタになる時期。地域に支えられ復刊から6年目。

細々とながら続けていきます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...