インフォメーション

2021-09-12 15:34:00
9月11日号ー東京パラリンピック・ボランティアに夫婦で参加ほか

9月11日号、2063号も無事に発行

 

十勝岳もそろそろ紅葉が始まったかなと思い望岳台まで行ってきましたが、

まだそこまで紅葉はしていない感じ。来週くらいからでしょうか。来週は

3連休となるので天気が良ければ来訪者が増えるような気がします。ただ

緊急事態宣言が9月30日まで延長となっているのでどうかとは思いますが。

今週のメイン記事は美瑛町に移住してきた春日さん夫妻。夫婦ともに聴覚

障害がありながら、実に行動力があり、何と東京パラリンピックにボラン

ティアで参加。奥さんはボランティア代表の4人の中に選ばれ、閉会式で

表彰を受けるという快挙。パラリンピック閉会式の表彰式で、ステージ向

かって左から2人目の女性なので映像をご確認あれ。手話で感謝の言葉を伝

えていたそうなのですが、ちょうどそこが映っていないのが残念。旦那さん

は今年3月に著書を発刊された時に取材させてもらったのですが、今回はご

夫婦で紙面に登場。30歳代なのですが実に経験豊富で筆談ながら話しがおも

しろい。明るい方で今回も楽しく取材させてもらいました。手話も「こんに

ちは」と「ありがとう」は覚えました。春日さんを見ていると、障がいとは

何だろうを改めて考えさせられます。

そんなところで今週は次のような感じで。

 

●東京パラリンピック・ボランティアに夫婦で参加

 ボランティア代表に選ばれ表彰

 春日史恵さん閉会式のステージで感謝の手話

 ・晴れの舞台で伝えた思い/・夫婦で参加し選手たちをサポート

 ・障がい者が活躍できる社会に

●衆院選道6区に立憲民主党の推薦を受け出馬

 農民連盟美瑛支部が西川将人氏に推薦状

●障がい者の自立した生活に向け雇用にも理解を

 農福連携事業でトマトジュース作りの実習

●道教育委員会「公立高校配置計画」策定。美瑛高校は来年度2学級に復活

●高温・干ばつが農作物に大きな影響。稲刈りは町内でもスタート

●こども陶芸展inびえい作品受付スタート

●「こども秋まつり広場」緊急事態宣言延長で開催日再検討

                        その他もろもろ

 

美瑛町内でも稲刈りが始まっています。コロナ過で経済は停滞していても、

農業の営みは続いているんですね。農業風景で季節感を感じられるのは、

美瑛のよいところです。

今週はカラスの研究をしているところで、自転車で町内をぶらぶら観察し

て回っているところ。何かというと、今年はカラスの落とし物が多く、

かなり歩道が汚れているところが点在している状況。市街地の各所にカラ

スの大群が出没していた様子で、なぜかというとエサとなる「マイマイガ」

が多かったことが原因のようでした。「マイマイガ」が夜に街灯へ群がっ

てくるのを狙いカラスが寄ってきて周辺にフンを落としていくということ。

しかし「マイマイガ」にも街灯の好みがあるようで、カラスのフンの落ち

具合を見て回っていたら結構おもしろい。地面ばかりではなく、視点を変

えて上を見たら回答があったという感じで、今週号の記事でまとめようと。

相変わらず記事になる催しがなく苦労は続いていますが、このようなちょっ

とした楽しみも加えながら今週号も乗り切っていきます。

 

 

2021-09-11 11:57:00

9月4日号、2062号も無事に発行

 

このところ更新忘れが続いており申し訳ありません。

北海道も緊急事態宣言が延長、ますます催しがなくなってしまっており、

紙面作りの苦労は続いています。本当に困ったもの。さすがにこのよう

な中で毎週、8から10本ほどの記事をひねり出し続けるのは厳しい。

自分でもよくやれてるなあと感心しますが購読を続けていただいている

読者の皆様には申し訳ないと共に感謝します。

そうは言っても更新忘れはよくないですね。

ひとまずこの週は次のような感じで。

 

●日本道路建設業協会が社会貢献活動を全国で展開

 9月1日防災の日。道の駅びえい「丘のくら」にも小型発電機寄贈

●美瑛小麦インスタグラムも同時開催。美瑛小麦スタンプラリー開幕

●北海道に3回目の緊急事態宣言発令

 町立病院と保健センターが担う責任と負担

 コロナ対応最前線で町内医療関係者が奮闘

●各イベントは延期や中止。町内公共施設も利用制限

●町民の方からの怒りのご指摘に納得

 役場内のゆるみが生んだ「タンス苦闘」?

●悩んでいる人に寄り添い共感できるサポーターに

 不妊症・不育症ピアサポーター等養成研修

●ラスノーブル苗復活プロジェクト。終了後に寄付金増量?

●観光に対する町民の今の本音を回答。

 観光まちづくりに関する町民意識調査

●美瑛町民限定!「こども秋まつり広場」  その他もろもろ

 

このところ天気は落ち着いて、秋晴れの北海道らしい爽やかな日々が続

いています。まさに行楽日和といった感じ。それもあり、美瑛でも観光

地に向かう道内外のナンバーの車は多く見かけます。出かけたくなる気

持ちは分かるのですが住んでいる者としては微妙。逆に言えば毎日、目

の前できれいな風景を見てきれいな空気を吸って旬のおいしいもの食べ

てと、かなり贅沢させてもらっているということ。コロナ禍ですが住ん

でいるまちで楽しませてもらいます。

2021-09-04 16:46:00

8月28日号、2061号も無事に発行

 

更新忘れです。申し訳ありません。お休みではなく、びえい新聞は

毎週発行しています。北海道でも緊急事態宣言が発令。町内でもイ

ベント中止や公共施設の利用制限など感染予防対策が再び強化され

ました。一時期は増えていた観光客の姿も、さすがに減っています。

北海道の緊急事態宣言は今のところ9月12日までとなっていますが、

いつまでこのコロナ過は続くのか、終息という事はないのかなとさ

え感じてしまいます。それでも新聞は毎週発行。ホームページの更

新は時折、忘れてしまいますが。そんなところでとりあえずこの週

は次のような感じで。

 

●内水氾濫に備え排水ポンプの作動を実践確認

 美瑛消防署、消防団第1分団、役場職員が合同訓練

●北海道ハーレー警ら隊が青い池に集合

 バイクの交通事故防止の啓発活動

●駅前一等地に建つ旧「戀や」の所有権が移転

●美瑛町内では美望ケ原一帯の48haが買収

 農水省「外国資本による森林買収調査」

●美瑛GB連合会長杯/●美瑛高校キャリア教育

●国立大雪青少年交流の家教育事業・サバイバルキャンプ

●町図書館まんがまつり町民限定特別企画  その他もろもろ

 

相変わらず何も盛り上がりがないまま8月も過ぎていきました。

猛暑、干ばつ、大雨、低温と乱高下した天気の印象しかないまま夏

も終わり、秋の訪れです。そうしている間に雪が降ってくるのかな

と。一年の過ぎるのは早いものです。

 

2021-08-25 23:02:00
8月21日号ー美瑛町はたちの集いで新成人を祝福ほか

8月21日号、2060号も無事に発行

 

美瑛町もかなり涼しいと言うよりも、肌寒いくらいの気温になってきて

います。過ごしやすい気温ではあるのですが、今年は何とも天気がおか

しい感じ。例年なら8月、9月は毎週のように何かイベントが行われて

いるのですが、今年は次々と中止の報告。本当に何もない毎日が続いて

おり、昨年よりも紙面づくりに苦労している状況。さらに北海道は、

まん延防止から、また緊急事態宣言になるとのこと。いつまで続くのか

先が見えないというのも困ったものです。

そのような中で例年通り行われたのが、お盆の風物詩となっている全休

寺さんの灯篭流し。今年もきれいに流れていたので、写真を添えておき

ます。そんなところで今週は次のような感じで。

 

●コト初めに美瑛の情報誌「びえいのコト。」創刊

 「びえいデザイン室 有限責任事業組合」始動

 ・各分野のプロが集まり活動/・伝えたいのは美瑛の誇り

 ・人と人をつなぐ場所に

●美瑛町はたちの集いで新成人を祝福/●美沢地区で打ち上げ花火

●美瑛ディセンターすずらん地域療育事業。親子の思い出をサポート

●新しい舟で精霊を運びお見送り。全休寺で伝統行事の灯篭流し

●センチュリーライド中止決定

●「こども秋まつり広場」開設準備進行中  その他もろもろ

 

1月に行われている成人式を、今年は延期して8月に実施。気温があま

り上がらなかったので、着物姿の新成人もだいぶ楽だったのかなと。

いつもよりも短縮した成人式で式典の後の懇親会もなし。それでも新成

人には、思い出ができて良かったのではないでしょうか。

それにしても、もう8月も終わり。夏が終わると、冬が来るのが早く感

じてきます。こうしている間に、雪が降るのだろうなと。

先日、電気スタンドを購入し仕事机に設置したら、これが何とも明るく

て快適。資料などの文字がよく見える。暗さに慣れてしまっていたのか、

これが視力が落ちている原因だったのかなとも思い、電気スタンド重宝

しています。これで紙面の誤字も減ることを期待して。

 

 

 

 

 

2021-08-18 07:53:00
8月14日号ー美瑛中吹奏楽部が3回連続となる金賞ほか

8月14日号、2059号も無事に発行

 

先々週になりますが、障がい福祉サービス事業所「すずらん」の所長さんの

お誘いでブルーベリー摘みに取材で同行。農園さんのご厚意で事業所の利用

者さんに開放しているもので、取材と言いながら楽しませてもらいました。

色んな種類のブルーベリーがあり、説明を聞きながら味見をさせてもらって

いたのですが、こんなに味が違うのかとびっくりするほど。本当においしい

体験をさせてもらいました。帰りにはお裾分けもいただき、利用者さんのひ

とりから「お酒にするとおいしい」とアドバイスをもらったので果実酒とす

ることに。分量はよくわからないので適当に。お酒が余ったので、たまたま

手元にあったレモンも漬けてみました。見た目は何かいい感じなので、個人

的なものですが写真をアップしてみました。半年後、1年後が楽しみです。

そんなところで今週は次のような感じで。

 

●第66回北海道吹奏楽コンクール旭川地区予選

 美瑛中吹奏楽部が3回連続となる金賞

●猛暑の後は記録的短時間大雨情報。美瑛で記録的な猛暑&大雨

●第71回白金温泉開湯記念式で祈願

●老人クラブ連合会GB大会

●問われる危機管理能力。コロナ感染者発生でも町はダンマリ

●美瑛ディセンターすずらん利用者を小さい農園にご招待

 五稜のブルーベリー畑に浮かぶ愛娘の面影

●ポイントが消えた?残高が分からない…。

 Beコインで相次ぐ利用者の困惑

●町内小中学生から16作品が応募。

 郷土学館「見宙」天文台望遠鏡の愛称「ぴかり」に決定

                     その他もろもろ

 

美瑛町でも気象庁の観測史上1位となる最高気温37.1度を記録。真夏日が続

き雨も降らず、農業では干ばつ被害も出ていたところ、今度は観測史上1位

となる、短時間での記録的な大雨。さらに一気に最高気温が15.1度と10月

中旬並みの肌寒いほど冷え込むという、何とも天気が乱高下。今年は本当に

おかしな気候となっています。今週は北海道らしい涼しい気温で推移してい

ますが、来週からはまた暑さが戻ってくるようです。

コロナ感染者も町内で出てきており、イベントや催しなどは自粛。盆踊りの

音色も聞くことはできませんでした。それでも「びえい新聞」は、何やかん

やとネタを集め奮戦中。何とか情報をお届けしています。

それにしてもこのところ、山での遭難、交通事故と、道外から来ている方が

美瑛町で亡くなっている事故が相次いでいます。旭川市もまん延の対象地域

となったので上川地域への観光客はまた少なくなるでしょうが、旅行に出か

けられる際は、くれぐれも事故に注意してもらうよう願いたいものです。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...