インフォメーション

2020-05-04 09:27:00

5月2日号、1997号も無事に発行

 

相変わらずの自粛体制で、美瑛町も実に静かな連休となって

います。それでも札幌や本州ナンバーの車が走っているのを

見かけます。幸い、町内では2カ月近く発症者は出ていない

のですが各施設の休館などの利用制限は続いています。

しかしやはりイベントなどがないのは何とも寂しい限り。

仕方のないことですが、人同士のコミュニケーションが絶た

れてしまっているのは本当に残念なこと。それでも最近は

特に、びえい新聞楽しみにしてると声をかけてもらえる

ことが増えておりありがたい限りです。また、それだけみ

んな町の情報がなく不安も感じているんだろうなと。

新聞のネタ集めには、かなり苦労していますがもうすぐ

記念の2000号達成。途切れることのないよう続けてい

きます。そんなところで今週は次のような感じで。

 

●北海道市町村備荒資金って何?掘り起こされた町の埋蔵金

●コロナ対策事業などの予算を補正。町議会第2回臨時会

●新型コロナウィルス感染症の影響に伴う経済対策

・ペンションオーナーからも憤りの声

 本末転倒と町民から不満噴出

・記者会見であらわになった角和町政の不協和音

・疑惑を生む謎の多い計画

●町商工会女性部が444枚のマスクを手作り

 町内小学校の全児童にプレゼント

●美瑛ロータリークラブ50周年。びえい青葉幼稚園に寄贈

●町社会福祉協議会に寄付。新栄建設が福祉に貢献

●困窮世帯への緊急措置。生活資金貸付制度

●手作り「たまごランプ」の飾り付け

 カフェレスト木のいいなかま

 春の楽しみ方を岡田オーナーが提唱

●駅の見えるレストラン&カフェ「KOERU」

 喫煙室の設置で誰もが心地よく

                その他もろもろ

 

記事でも書きましたが、自粛が呼びかけられている中での

町の経済対策の中の消費活性化対策事業。町内限定の宿泊

券3000円分、飲食券2000円分の計5000円分のクーポン

券を全町民に配布するというもの。ただでもらえるものな

がら、これほど町民の反感をかっているのも珍しい。

町内の宿泊施設の3000円分のクーポン券をもらっても

仕方がないということ。以前、国民から総反発を受けて

中止となった牛肉券やお魚券の配布と同じ発想。他の自

治体はこの時期にやっている支援は、ほとんどが困って

いる事業者への直接支援。そのような中で町民としては

恥ずかしい感じさえしています。どうしてこんな町になっ

てしまったのか。

それでも新聞は2000号まであとわずか。記念として自腹

企画を考えているところ。ちょっとおもしろいことをやる

人にちょこっと応援しようというもの。こんな時期だから

こそ、ちょこっと楽しめるものがあればいいなあと。まと

まったら次号でお知らせします。

 

 

 

2020-04-28 20:02:00

4月25日号、1996号も無事に発行

 

なまけ癖がついてしまったのか、つい更新を忘れてしまい失礼

しました。このところ美瑛町は雪やみぞれが降ったりと寒い日

が続いています。寒の戻りなのかと思うくらい。自粛で人もあ

まり歩いていないし、寒くて天気もイマイチだと、余計にまち

の雰囲気も沈みがち。そのような中で追い打ちをかけたのが町

の支援策。この時期にどうして?と町民の怒りをかっている、

町内の宿泊3000円、飲食2000円の計5000円クーポン券の全

町民への配布。会う人たちみんな「使えない!」と猛烈に怒り

の声をあげてきます。これは町民なら分かる感情。今ここで

必要なのは経済対策ではなく困窮者支援。事業所への直接支援

が求められているところです。

記者会見も微妙な雰囲気があり、少々きつい口調で質問してし

まいましたが、つぎ込まれるのは税金。これでは町民は納得し

ないなあと。もっと現状を見てほしいものです。

そんなところで今週は次のような感じで。

 

●5000円クーポン券、30%プレミアム付き商品券etc…

 町議会臨時会でコロナ対策補正予算を審議

●美瑛カレーうどん研究会・町民限定!感謝還元特別企画

 いつも応援ありがとうキャンペーン4/27スタート

●町商工会が影響被害アンケート調査

 飲食・宿泊関係の厳しい現状が回答に反映

●青い池周辺で清掃美化活動

●感染拡大防止に向け各施設も自粛期間を延長

●びえい青葉幼稚園に園児たちの手作り鯉のぼり

●町体育協会評議員会/●美瑛ゲートボール連合総会

●十勝岳ジオパーク構想 公式グッズ登場

●寿長生会女性部が友愛慈善事業活動 その他もろもろ

 

学校も休み、イベントや会議などもなく本当に紙面づくりに苦労

しています。そのような中、何とアパートのお風呂代わりとなっ

ている1階の銭湯が、道の要請を受け5月6日まで休みに。部屋に

はシャワーなどもなく、まさに「お風呂難民」となってしまいま

した。困ったと思っていたところ、近所の人や知り合いなど色ん

な人が「風呂に入りに来ていいよ」と声をかけてくれ、ありがた

い限り。何とかしのいでいるところです。

それにしても夏くらいまでのイベントが続々と中止の方向となっ

ており、この先も記事は厳しいなあと。2000号を目の前にして

大丈夫かなあといった感じです。何か考えないと。ただ今週は、

少しおもしろいものを見つけたのでお楽しみに。

 

 

2020-04-20 15:17:00

4月18日号、1995号も無事に発行

 

美瑛町も相変わらず、新型コロナウィルス感染防止による自粛が

続いているところ。小中学校も再び休校、公共施設等も再び利用

制限がかけられています。2月27日に3人目の感染者が確認されて

から2カ月近く感染はないのですが警戒態勢が続いています。

3大スポーツイベントのひとつ、美瑛ヘルシーマラソンも中止が

決定。一方で行楽日和が続いていることもあり、行楽客の車も

けっこう見かけるようになってきました。

そのような中で何とか取材を重ね新聞を作り続けているわけで

すが今回は「よく書いてくれた」と声をかけてもらうことが多く

好評の様子。町からの対策が何も聞かれないことに対し、色ん

な立場の町民の声を集めたもので、これだけ長く自粛を強いら

れ先行きも示されないとなると、さすがに町民の不満は高まっ

てしまいます。何か少しでも役場から方針などを発信してもら

えれば安心できるものの、これだけ沈黙を続けていると町民が

見捨てられているように感じてしまうのも納得できます。

そんなところで今週は次のような感じで。

 

●不安から生まれる角和町政への不満

 情報発信もなく…町長の仕事も自粛中?

●美瑛カレーうどん研究会 町民限定特別企画

 驚きのサービスでV字回復の口火

●美瑛ロータリークラブ社会貢献活動

 遡上への願いを込めサケ稚魚放流

●美瑛選果「美瑛小麦工房」安全対策

●アトリエぽぷり嵯城代表。ケアハウスに手作りマスク寄贈

●びえい青葉幼稚園で入園式

●すずらん大学に5人の入学生

●日本で最も美しい村連合。地域応援パスポート発行

●町観光協会POPで注意喚起

●町図書館企画「読書deビンゴ」

●フォトグラファーNao Akimotoさん作品展

                その他もろもろ

 

図書館や作品展、せっかくの企画だったのですが、紹介した

翌日に自粛で延期。3密にならない楽しみまでもやめるとい

うのは、何か過剰反応のようにも感じてしまいます。一方で

町役場の中は職員が密集状態。こういう矛盾はどうなのかな

と。いずれにせよ経済的には各業種が大きな影響を受けてい

ます。早く何とかなってもらいたいもの。新聞ネタがたくさ

んある、いつもの賑やかな美瑛町が戻ってくてもらいたいと

願います。

 

 

2020-04-12 15:09:00

4月11日号、1994号も無事に発行

 

本日日曜日は絶好の行楽日和と言うこともあり、関東関西で

緊急事態宣言が出ているものの美瑛の道の駅などにはけっこ

う、観光客が集まっています。そうは言っても普段の十分の

一くらい。美瑛は各業界の青年部などの若手が中心となって

運営する桜まつりの中止が決定。寂しいなあと。3大スポー

ツイベントのひとつ、びえいヘルシーマラソンも今のところ

どうなるか分からない状況。早く終息してほしいものです。

小中学校は再開しており、子どもたちの賑やかな声が戻って

きました。子どもたちの楽しそうな顔が印象的です。

そしてふと見ればあと5回で通算2000号。年間で50号ほど

なので、40年間続いてきたということ。改めてすごいなあと

思わされます。そんなところで今週は次のような感じで。

 

●美瑛カレーうどん研究会が先駆けとなりアクション

 地域経済の低迷打破に向け作戦会議

●鶏の半身揚げの人気店が美瑛に出店

●書面決議8割以上。JAびえい通常総会

●町パークゴルフ協会定期総会

●町立病院、元売店スペース。自販機コーナーとして活用

●規模を縮小し町内小中学校で入学式

●明徳小学校で鯉のぼりの伝統行事

●入り口からの逆走、路上駐車、現金のみの料金徴収…

 青い池駐車場有料化。懸念が現実に

●改正健康増進法全面施行で飲食店も苦慮

●十勝岳ジオパーク構想推進協議会。専門員が新任

                その他もろもろ

びえい新聞2000号、記念に何かやりたいなあと思いながらも

準備する時間もなくどうしようかと苦慮中。その前に毎週の

紙面づくりにもっと苦慮。イベントや集会などがみんな中止で

本当に取材ネタがなく困ったもの。今週も記事がなく頭を抱え

ています。

それにしても町内では、ようやく飲食店や商店街を元気づけよ

うという動きが出てきたところで、国は外出自粛要請を全国に

拡大するとの発表。北海道が緊急事態宣言した時にはよそ事の

ように知らない顔をしておき、東京や大阪など、自分たちの足

元に火が点いたら全国的な危機だと騒ぎ煽りたてる。地方の

現状には目を向けず勝手だなあと。上川地方は感染拡大は落ち

着いています。だからと言って遊びに来てとは言いません。

ただ感染拡大地域ではない地域まで、町内の人たちの町内の

飲食店への来店を制限するようなことはしてほしくないなあ

と。こういう危機の状況では人間性もよく出ているとも感じ

させられます。株を上げた知事や市長もいれば、批判を浴び

る知事などもおり、やはり地域のトップはきちんと選びまし

ょうということなのかなと。各地で若い知事が頑張っている

のは頼もしい感じです。

そんなところで今週も何とか記事をかき集めます。美瑛に関

することで何かありましたらお気軽にご連絡を。

 

 

2020-04-06 17:28:00

4月4日号、1993号も無事に発行

 

このところ暖かく穏やかな天気が続いており、ネコヤナギやフク

ジュソウをはじめ春を感じさせるものがいろいろと出てきている

美瑛町。畑にも緑が戻ってきました。と思っていたら週明けの月

曜日は急に気温が下がり雪まで降ってきました。車のタイヤ交換

も思いとどまったところ。

新型コロナウィルスは美瑛では感染者は広がっていませんが自粛

体制は続いており、歩いている人が少ない。小中学校の入学式も

新入生と先生たちだけといった縮小型の入学式で、いつもとはか

なり違う雰囲気。今年の美瑛町の新入生、小学生は5校合わせて

75人、中学校は2校合わせて64人でした。小規模校の明徳小学校

は、今年は5人が入学。児童15人のうち1年生が5人と、賑やかに

なっています。そんなところで今週は次のような感じで。

 

●角和町長「町民のために仕事を」と訓示

 辞令交付式で新年度がスタート

 ・町内各施設や学校も再開/・青い池駐車場有料化

●改正健康増進法が全面施行。町内」飲食店も原則禁煙に

●十勝岳ジオパーク推進協議会HP開設

●美瑛は7.5㌫減の4憶3189万2千円。

 特別交付税交付額が決定

●町内の人事

●郷土学館「美宙」展示コーナーリニューアル

●白金温泉日帰り入浴 町民限定割引利用券発行中

●農業委員会、川崎会長に道農業会議から永年勤続表彰

               その他もろもろ

 

最近は自転車で出歩くことが多くなっているのですが、マスクは

着用。仕方がない。相変わらずイベントなどがなく新聞作りには

苦労しているところ。さすがにこう長く何もない状況が続くと厳し

いなあといった感じ。北海道は感染者はある程度、落ち着いてきて

いるのですが東京などがたいへんになっている状況。まだまだ長く

かかりそうなのかなあと。屋外でワイワイとジンギスカンでも囲め

るようになればいいなあと思いつつ、終息を待ちます。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...