インフォメーション

2021-02-22 19:10:00

2月20日号、2036号も無事に発行

 

先週は暴風雪が吹き荒れましたが、幸いなことに大きな被害は

なく、その後は比較的に天気は安定。ストーブも不要なくらい

暖かい日もある一方で、除排雪の問題が少々…。当紙に「町役

場の排雪はどうなってるんだ!」と聞かれても困るかなと。

でもそのように情報の頼りにされているのは、ありがたいこと

として、役場に聞きに行きました。次号でお知らせします。

本日22日月曜日は、町の次年度予算の説明会&コロナ対策の

記者会見。他の報道機関も質問していましたが、突っ込みどこ

ろ満載の予算編成。いつもなら応接室での説明会ですが、昨年

からこういった記者会見は会議室を使用。質問に対し何か妙に

ゴソゴソ話し合う様子も相次ぎ、町長自身がきちんと理解して

いるのか疑問が残る会見。こちらも次号でたっぷりとお伝えし

ます。そんなところで今週は次のような感じで。

 

●冬の十勝岳での本格的な救出救助訓練も実施

 十勝岳噴火総合防災訓練で災害時の体制を確認

●帰宅困難者のための自主避難所も開設

 町内でも吹き荒れた数年に一度の暴風雪

●障がい福祉計画策定に向け当事者の声を反映

 アンケート調査に表れた障がい者の現状と課題

 ・浮かび上がる障がい者の不安

 ・一番の障害は社会の理解不足

●美瑛ディセンターすずらんの焼き菓子セットが登場

 ふるさと納税の返礼品で障がい者の自立も応援

●宮様国際スキーマラソン中止に伴う代替事業

 クロスカントリースキー教室でレベルアップ

●子ども達が描いた「美しい村びえい」/●雪あそび広場が閉幕

●連載 カフェレストラン「木のいい仲間」

    岡田オーナーお遍路紀行 その他もろもろ

 

次号で紹介しますが、とてもよい余生を送ってらっしゃるご夫婦

を取材する機会に恵まれ、美瑛にはまだまだ私の知らないおもし

ろい魅力的な人ががたくさんいるんだなあと。ツリーハウスがあ

るお宅で、気になっていたところなのですが、お知り合いになれ

て良かったなあと。野鳥や野草などの話しむ詳しく、びっくりす

る話しも教えてもらいました。数か月後になりますが自然界のス

クープ狙います。お楽しみに。ネタがないと言いながら、修行不

足だなと反省もした次第。たかが1万人以下の町ですが、本当に

色んな人がいます。町の批判もしますが、いいところはどんどん

紹介して美瑛を知ってもらえればいいかなと思います。

2021-02-16 14:36:00

2月13日号、20354号も無事に発行

 

昨日15日はプラス気温で雨、そして今日16日は朝から暴風雪。

横殴りの暴風雪がずっと続いており、すごいことになっていま

す。さすがに外出は控えていますが、家屋やビニールハウスな

ど、どこかで被害が出ていてもおかしくない状況。明日は総合

防災訓練が予定されていますが中止になるかも。今週もまるで

取材ネタがない中で困ったものです。それにしても近年はない

ほどの暴風雪。明日まで続くようなのですが大きな被害が出な

いことを願うばかりです。ひとまず今週は次のような感じで。

 

●情報公開やってみたー職員の懲罰処分編

 大雪消防組合消防本部のアンケート調査で発覚

 旅費の精算未履行事案で厳重注意

 ・失念なのか怠慢なのか。横領とされる可能性も

●まさにお役所仕事の真骨頂。音楽療法では呆れた情報開示

●美瑛ミニバスケットボール少年団、男女共に3位

●町図書館、雑誌総選挙投票中/●図書除菌器を導入

●森脇啓好写真展「大地讃頌」開催中

●高齢者福祉計画。びえい暮らしの助けあいで意見交換

●エンディングノートに残す思いやりの記憶

                 その他もろもろ

 

情報公開請求、やってみるものです。公用車を利用しておきな

がら、その間の交通費を受け取っていたという問題。議会など

でも報告はなく、町では表に出すつもりはなかったようです。

音楽療法の問題で今の町長による「びえい新聞が書かなければ

問題にはならなかった」との発言があり呆れた次第ですが、

都合の悪いことは隠すといった悪しき慣習が町に根深く続いて

いるのは情けないこと。もうひとつ音楽療法の情報開示請求で

は、まったくもって不誠実な開示内容。こういうことをするか

ら反感をかって、さらに別の形で情報開示請求を出されること

になる。今回はたまたま町議さんも立ち会っての情報開示でし

たが、町議さんも「役場ではよくあること」と苦笑い。

このところ役場内の対応についての苦言をよく耳にしており、

役場が少しおかしくなっている感じ。きちんと町民に目を向け

た、公務員としての務めを果たしてほしいものです。

 

 

 

2021-02-07 08:34:00

2月6日号、2034号も無事に発行

 

暴風雪となった日もありましたが、立春を過ぎると天候は回復。

少しあたたかくなった感じもしています。少しずつ春が近づいて

きているのかなといったところ。普段なら、かるた大会、宮様ス

キーマラソン、全日本スノーモービル選手権、いきいきフェスタ

とイベントが目白押しで賑やかな冬のはずが、今年は何とも静か。

人通りも少なくさすがに寂しいかなと。町内でもとうとう、閉店

を余儀なくされる飲食店が出てしまいました。駅前の人気のある

食事処だけに惜しまれるところです。この店の担々麺を食べら

れなくなる日が来てしまうとは何とも残念。早くコロナ過が収束

してくれることを願うばかりです。

そんなところで今週は次のような感じで。

 

●コロナ疫病退散への願いを込めて

 町内各所で鬼は外、福は内

 ・福豆を手に子ども達が笑顔。美瑛神社で節分祭

 ・赤鬼青鬼の登場に園児達は右往左往の大騒ぎ

  びえい青葉幼稚園で節分の豆まき

●町公民館事業いきがいづくり講座が好評

 スマホカメラ教室で撮影のコツを習得

●JAびえい杯ゲートボール大会

●スキースノーボード教室開催

●国第3次補正予算「中小企業等事業再構築促進事業」

●将棋道教室で鍛える考える力

●食事処「戀や」2月14日で閉店    その他もろもろ

 

今年も幼稚園での豆まきは大騒動。例年のことですが、本格的な

鬼の扮装はお見事。子ども達の反応もすごいです。蜘蛛の子を散

らすようにとは、まさにこういうことかと。それにしても、いつ

も思うのですが、登場するのは鬼だけで、内に入れるはずの福の

神は出てこないなあと。節分の主役は「福は内」と思っていたの

ですが、邪気払いだから「鬼は外」が主になるのかも。そういえ

ば美瑛神社の節分祭でも、総代さんたちが「形代」(かたしろ)

で穢れを払うことをやっていました。立春を前にして「春を呼び

込むように福を呼ぶ」と言うよりも、「立春を前にした冬の終わ

りに邪気も置いていく」といった感じなのでしょうか。

それにしても本当に何も催しがなく、紙面づくりが、かなり難し

くなってきているところ。そんな中で、情報公開請求していた

案件について、ようやく開示の日程が届きました。次の号で内容

をお知らせする予定。美瑛町の情報公開のレベルも分かると思う

のでお楽しみに。

 

 

2021-02-01 18:42:00

1月30日号、2033号も無事に発行

 

1月も、もう終わり。早いものです。何もまちの動きがない中で、

今週は何となくスタンダードな内容になった感じ。しかし相変わら

ず紙面づくりに苦労しています。

今日は2月1日。天気はいいのですが、かなり風が強く吹き溜まりに

なって交通障害が出ているところもある様子。あまり車でウロウロ

しない方がよさそうです。ただ風は妙に生暖かい感じもあり、春の

嵐かと思わされるくらい。2月と言えば最も気温が下がる時期なのに、

今週はプラス気温の予報が出ている日もあり、今年は気候も少しおか

しい感じもしています。コロナも早くおさまってほしいものですね。

そんなところで今週は次のような感じで。

 

●遊んでお得なスタンプラリーもスタート

 びえい雪あそび広場に響く元気な歓声

●北海道アンサンブルコンテスト旭川地区予選

 美瑛中学校吹奏楽部、金管八重奏で金賞

●町保健センターこころの健康づくり教室

 コロナ禍におけるストレス対策をアドバイス

●全国平均を上回る自殺死亡率。美瑛町自殺対策計画

●星のソムリエ資格認定講座/●刺繍クラフト講座

●美瑛町「少年の主張」発表大会が開催

●びえい青葉幼稚園でお正月の恒例行事    その他もろもろ

 

美瑛中学校吹奏楽部の部員さんたちへの取材。本当に今の中学生たち

はしっかりしているなあと感心します。町内中学校の少年の主張も同

じ。きちんとした意見を持ってしっかり発表。まさに拍手です。特別

発表の美瑛高校の2人は、昨年夏のコミュニティラジオに出演してく

れた2人。さらに成長しているなあと。老化の道を辿っている身とし

ては、うらやましい限り。青少年たちよがんばれ。でも負けないぞと、

元気をもらっています。

町内でも、長引くコロナの影響から、商店街も本当に厳しい状況。何

とかならないものか。今日の強風でコロナも吹き飛ばしてもらいたい

もの。美瑛とは関係がないのですが、驚いたのはミャンマーのクーデ

ター。スーチーさんが拘束って、コロナ一色ではなく、世界も不安定

な状況なんだなとビックリ。ミャンマー情勢に詳しいわけではないの

でこれ以上は書きませんが、何かいろいろと考えさせられてしまいま

した。美瑛もおかしな方向に向かわないことを願うばかりです。

ちなみに今、また3件の情報公開請求をしているところ。ほぼ黒塗り

かもしれませんが、どのようなものが出てくるのか、内容はウソ偽り

なく紙面でお伝えしていくのでお楽しみに。

2021-01-29 13:59:00

1月23日号、2032号も無事に発行

 

バタバタしており更新を忘れておりました。失礼しました。

日曜の朝はマイナス20度くらいまで冷え込み冬が本格化ーと言っている

場合ではなく、取材に出ようとしたら車のエンジンがかからないトラブ

ル。日曜日ということもあり、いつもお世話になっているお隣の整備工

場も休み。朝から困ったもので仕方なく徒歩で町内をうろうろ。幸いな

ことに寒いものの青空が広がる好天で何とか一日、乗り切った次第。

しかし町民スキー場まで歩いていた時は、顔見知りの方々が何人も車で

通り過ぎ、「何やってんだ?」というような不思議そうな顔を向けてい

たのが何とも…。月曜日からは整備工場で別の車を貸してくれ、水曜日

には無事に車は戻ってきました。

昨年の冬は水道凍結で手抜き工事が発覚、車が動かないトラブルもあり、

今年は雨漏りの次に車のトラブル。毎年、冷え込むと何やかんやと起き

ていますが、何とか生活できているので良しとしましょう。

そんなバタバタなこの週は次のような感じで。

 

●御神火で正月飾りなどを焼納する神事

 美瑛神社どんど焼で無病息災を祈願

●びえい雪あそび広場1/23オープン

●長引く経済活動の低迷に直接支援を望む声

 経営維持への不安がさらに増大

●すずらん大学講座「手遊び歌遊び」/●町青年会議所「こども映画祭」

●町公民館「英会話講座」で海外が身近に

●ジュニア美瑛学の野外体験に子ども達が笑顔

 スノーシューで冬の森を元気に散策

●非公表とされることで感染拡大の懸念も

 町では4例目以降感染情報なしの認識

●カフェレスト「木のいいなかま」の岡田さんが巡礼の旅

 四国八十八カ所お遍路参り36日間の行脚

●「十勝岳ジオパーク構想パネル展」開催中

 

ジュニア美瑛学でスノーシューでの散策があり、一緒に歩きたいと思っ

ていたのですが、印刷締め切り日ということで余裕がなく出発をお見送

り。以前はランニングのための冬場のトレーニングとして、スノーシュ

ーであちらこちらを歩き回っていたのですが最近はすっかりご無沙汰。

ちょっといい値段のスノーシューも眠らせており、もったいないことを

しています。美瑛町内には、林野庁による「森の巨人たち100選」に選

ばれているカツラの巨木があり、「森の神様」と名付けられています。

冬の時期はスノーシューなら直線で行けるとの話しも耳にしており、

時間に余裕があれば行きたいと思っているところ。行くことができたら

「森の神様」をこのページにアップしますのでお楽しみに。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...