インフォメーション

2019-05-26 08:38:00

5月11日号、1950号も無事に発行

 

またまた更新忘れで失礼しました。

新聞もこの号から元号が令和と変わりました。

美瑛も町長、議会と変わりました。

よい方向に向かってもらうことを願いつつ、

まずは自身の最近の更新忘れの怠惰を直さな

ければいけませんね。

そんなところでまずこの週は次のような感じで。

 

●変革なるか。オール美瑛のまちづくりを呼びかけ。

 職員等に迎えられ角和町長が初登庁

●町議会初代議長に並ぶ歴代最年少議長が誕生。

 佐藤議長、八木副議長の新体制で始動

●御即位・礼和元年奉告祀、役員退任・就任式

 参拝客で賑わう美瑛神社で祝辞

●美瑛地区統一メーデー/●すずらん大学講義スタート

●道内初!星のソムリエ認定講座修了

 準星空案内人22人が誕生

●手作りロケットに子ども達が大喜び

●高齢者事業団定期総会

●美瑛学で郷土の歴史を再確認

    その他もろもろ

 

大型連休明けの発行。連休中は何もなく困ったもの。

観光客の車が多く、もらい事故に遭うのもいやなので、

主に自転車で町内をぶらぶらしていましたが、公共施

設はどこも休み。取材もなく、観光客ばかりでまちの

人達の姿も見かけず、かといって観光地には近づきた

くなく、こんなに休みはいらないなあと退屈しきり。

特にネタもなく、いつもは3月末にしていた新聞の休

刊日をこっちにして良かったといった感じ。

ひとまず選挙も終わり、この週から日常が戻ってきました。

サクサクと次の更新に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019-05-01 16:38:00

4月27日号も無事に発行

 

号外特別号から5日後の発行。ゴールデンウィークに

入ったら郵送分の発送ができなくなるため、出さざる

を得なくなったもの。ネタは十分なので大丈夫だった

のですが休みもなく、寝る時間もなく作るのにたいへ

んな思いをしました。号外もそうでしたが、今回もなか

なか良い出来栄え。人間、窮地になると不思議な力が

出るようです。しかもこの号、朝9時からの浜田町長の

退任式を取材してその日のうちに発行する離れ業をやって

のけた号。朝に取材して原稿を書きデザイン・印刷して

折って午後3時頃から配達、まさに速報で伝えています。

分業制の大手新聞社ならできることですが、1人では

かなりハード。

そんな苦労の中での内容は次のような感じで。

 

●5期20年にわたる町政牽引にねぎらいの言葉

 浜田町長、職員等に見送られ退庁

●町長・町議選挙当選者に当選証書を付与

●20年ぶりの新人対決。町長選を振り返る。

 町民が選んだのは、新しい美瑛への変革

●美瑛ゲートボール連合総会/●町文化連盟総会

●十勝岳愛護少年団入団式/●美瑛小で交通安全青空教室

●特殊詐欺の未然防止に旭川東警察署が感謝状

 セイコーマート美瑛店の店長、お手柄

●あおば幼稚園に園児たちの手づくり鯉のぼり

               その他もろもろ

 

発行を終えた夜、ご飯を食べかけのまま朝まで寝込ん

でしまい、やはり気が張って疲れもたまっていたんだ

なと実感。それでもこの号、けっこう好評。選挙に出

たわけでもないのに、びえい新聞がんばったなと重ね

て自負しています。

今回の選挙では、町長選立候補予定者の政策討論会に

はじまり、号外、即日発行など、やりたいことをやら

せてもらった感じ。持ち出しが多く赤字は覚悟の上で

すが、よくやってると声をかけてくれる人も多く、

お金よりも気持ち的に励みになっています。

ただ忙しかった反動で、このところモチベーションが

上がらず怠け者になっているのですが…。

元号も変わったことで、気を引き締めて更新もきちんと

行っていきます。なおゴールデンウイーク期間中のため、

1週お休みして次号は5月11日発行となります。

 

2019-05-01 16:11:00

4月22日 号外特別号を初めて発行

 

びえい新聞初の号外発行。町長選は20年ぶりの新人対決と

いうこともあり、びえい新聞も気合を入れました。

当日は夜8時から開票所で待機。町長・町議両方の開票結果の

暫定値が出たのが午後9時45分。ここで開票所を飛び出し

新町長の祝賀会場で万歳の写真と簡単なインタビュー。続いて

町議の2つの事務所を回って帰ったのが11時頃。それから

原稿を仕上げデザインし版下を仕上げ印刷。新聞を折って郵送

分の準備を終えたのが朝5時。号外速報なのですぐに配達に出

かけ、昼まで駆け回り午後1時から町長・町議の交付式の取材。

さすがにたいへんでした。内容は次の通り。

●町長選20年ぶりの新人対決。注目の対決は803票差で決着

 角和浩幸 新町長誕生!

●4人が立起した町長選。投票率は79.86パーセント

 新たな時代に向けた、新しい風に町民が期待

●町議会選挙19人が出馬

 佐藤氏がトップ当選。女性も躍進

 現職8人、新人6人が当選

前号から2日後の発行ということもあり、選挙特別号のニュー

スに特科。びえい新聞初のもので、かなり貴重な号外です。

それだけにけっこう欲しいという人もおり、出して良かった

のかなと思う反面、負けた陣営の方にとっては、くやしさを

倍増させるだけのもので、破り捨てられたものもあった様子。

仕方ないですね。

号外を出したからといって購読が増えるわけでもなく、印刷代

や郵送代が余計にかかるだけなので、経営的に見ればまったく

無駄なこと。でもやれたのは、ひとつの成果になったかなと

自己満足しています。

選挙中は色んな方々と話しをする機会に恵まれた一方、色んな

ことも言われたこともあり、お祭り騒ぎだったといった感じ。

さらにこの週も普通に新聞発行しており、この2週間は本当に

よくやりました。

2019-05-01 15:52:00

4月20日号も無事に発行しています。

 

本当は選挙後の月曜日に発行をずらして出す予定でしたが、

やはり事前に遊説での候補者のメッセージは伝えなければ

と発行した次第。投開票の前日の発行となるので、かなり

気を使いました。時間的にかなり厳しかったのですが、何

とか完了。しかしこれを出したことで、結果を知らせる号外

を出すことになり、かなり無理した感じ。

そのあたりの苦労は次で。

ひとまずこの週は次のような感じで。

 

●4/21の投開票を前に有権者へ支持呼びかけ

 町長選4人の候補者が町内各所で熱弁

●町議会選挙には19人が立候補

●町郷土史料保存会総会/●猟友会クマ捕獲育成事業

●新1万円札の顔、渋沢栄一と美瑛の関係

 美沢の地名の由来は渋沢農場にあり

●あおば幼稚園入園式/●すずらん大学入学式

●ジオパーク推進協議会・普及部会

●美瑛神社で春の祈願祭

●今年はハクチョウが多く飛来。町内にも春の彩り

              その他もろもろ

町内はすっかり選挙モードで、選挙以外の動きがなく紙面づく

りにひと苦労。選挙では各陣営の事務所回りもあり、何かと

忙しく気の休まるヒマのない1週間。何とか乗り切りましたが、

引き続き号外の作業に追われ、

びえい新聞、今回はがんばりました。

2019-05-01 15:42:00

4月13日号も無事に発行しています。

 

何とも申し訳なのですが選挙で慌ただしく、すっかり更新を

忘れておりました。自分が出るわけでもないのに、たいへん

失礼しました。ひとまずサクサクっとこの週は次のような

感じで。

 

●町長・町議選まであと1週間。立候補予定者準備着々

●道知事選、町内投票率69.2%。開票はスムーズに進行

●JAびえい通常総代会が開会

●明徳小に今年も春の風物詩。119匹の鯉のぼり空に舞う

●「南正剛 日展受賞作品展記念集」出版

●美瑛ロータリークラブ、子どもたちとサケ浮流事業

●町内小中学校で入学式 ●どんぐり保育園は入園式

●寿長生会女性部会が今年も社会福祉協議会に善意の寄付

●「まちづくりを語る会」録画DVD好評貸し出し

                その他もろもろ

この週は知事選の投開票で週末は忙しくなった次第。

更新忘れの言い訳にしたらダメですね。

引き続き次の更新を

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...