インフォメーション

2017-02-05 14:27:00

2月4日号、1840号も無事に発行。

今週は、週末に取材などが立て込み、慌ただしい中で、

何とか仕上げることができひと安心…と言いたいところ

ですがまだバタバタしています。美瑛は賑やかです。

今週は次のような感じで。

 

●町商工会青年部・女性部「創立50周年記念式典」

●子どもたちが元気いっぱいに外遊び「びえい雪遊び広場」オープン

●町農民連盟・美瑛地区連合会 合同旗開きで士気高揚

●町青年会議で除雪ボランティア作業/成年ミニバレー春季大会

●町社会福祉協議会・評議員会。定款変更は修正案で無事承認

●チョークアート教室大好評/●美瑛東小で地域参観日

●キャリア教育バドミントン教室/●上海の子どもたちとバドミントン合同練習

●ジオパーク認定に向け活動具体化/●びえい星を見る会

●NPOびえいくらしの助け合い、夜サロンや地域サロンで笑顔をサポート

 

本日2月5日は、町内の明徳中学校の閉校式。小学校との併設校ですが、

在校生は6人。来年度は入学生がいないということから、やむなく閉校と

なってしまいました。地域の人々の関わりが深く、旧き良き時代の面影を持つ

ひじょうに良い感じの私の好きな学校のひとつなので残念な思い。小学校

は残るのでひと安心なのですが、運動会や学芸会などでの小中学生の一緒の

活動は見られなくなりました。少子高齢化の問題、地方は本当に深刻です。

 

 

 

 

 


2017-01-29 16:13:00

1月28日号、1839号も無事に発行

町内の各種団体が協力し、ボランティアで手作りした雪遊び広場も

無事1月28日にオープン。多くの子どもたちが元気に外遊びしてい

ます。中国では春節を迎えていることもあり、外国人観光客の姿も

多く、雪遊び広場も喜んでもらえているようです。

美瑛は非常に賑やかになってきています。

そんな中で、今週は新聞は次のような感じで。

●火山と共生した地域づくりを再確認。十勝岳火山防災シンポジウム

●小・中学生チームが共に全道大会出場。

 北海道子どもかるた大会上川地区予選

●福祉のまちづくり支援事業も再確認。老人クラブ連合会・新年会長会議

●安全・安心どさんこ運動ネットワーク交流会

●「少年の主張」発表大会/●キャリア教育「バレーボール教室」

●町議会産業経済常任委員会で承認。ポケットスペースに関する条例の制定

●美瑛小「異世代とふれ合おう」/●あおば幼稚園「お正月会」

●ボランティア団体ゆきむし会。温かい手作り料理でサポート

●満員御礼。町図書館で初笑い。「旭笑長屋」落語会

 

美瑛で開催された子どもかるた大会・上川地区予選。ひじょうに見応えがあり、

楽しませてもらいました。美瑛の小学生は、2チームが各ブロックで優勝、

中学生のチームは準優勝で共に全道大会出場を決めました。中学生の決勝は

最後まで目が離せない接戦。緊迫した札の取り合いで、お互いに気迫を感じ

させるよい試合でした。優勝した旭川市の中学生チームのメンバーの目には

涙も。全道大会でもがんばってもらいたいものです。

まず今年の始まりは何とか1カ月をクリア。こうして今年も毎週、新聞発行を

積み重ねていきます。


2017-01-23 12:13:00

1月21日号、1838号も無事に発行。

このところ美瑛は穏やかな天気が続いており、よい感じ。

例年、この時期は少年団などの下の句かるたの大会が開かれます。

北海道で盛んに行われているという下の句かるた。木の札を使い、

3人1チームで対戦するもので、ルールは分からないのですが、

見ていておもしろい。札が読み上げられる時の子ども達の集中した

真剣な表情、札が少なくなってきた時の緊迫感など見応えがあります。

先日は大人の大会もあり、札を取った時には雄叫びが上がるなど、

迫力ある熱戦が繰り広げられました。かるたでこんなに熱くなれるもの

かと感心。そのようなこともあり、今週は次のような感じで。

●池の上を歩かないでの看板まで登場。

 繰り返される観光マナー問題。冬の観光施策、見直しの必要性は?

●第10回記念の楽しい特別企画も用意。びえい雪遊び広場1/28オープン

●全道大会出場を目指し子ども達が熱戦。町少年団かるた大会が開催

●気合い十分の迫力ある対戦が展開。富良野沿線下の句かるた大会

●コミュニティ・スクール導入に向けて。町教職員等研修会

●電気の大切さを親子で作って実感。ソニー発電・蓄電ワークショップ

●冬休みこども映画祭り/●小学生学習ルームで復習

●三野スポーツ杯。中学校新人戦バレーボール大会

●美瑛神社でどんど焼き      その他もろもろ

冬の美瑛の丘も美しいもので、多くの観光客が訪れています。それは

喜ばしいのですが、一方で観光マナーが問題も問題に。氷が張った

青い池の上に、人の足跡が残されており、危険なことから町でも立ち入り

禁止を呼びかけています。旅先で開放的になるのは良いのですが、

危険や私有地での迷惑な行動は慎んでもらいたいもの。自分自身も、

旅先での立ち振る舞いに気を付けなければと思わされています。

それにしても相変わらず賑やかな美瑛町。最近、取材に追われ更新が

遅れ気味になっていますが、今週も新聞作りに励みます。

 


2017-01-16 17:19:00

1月14日号、1837号も無事に発行

ようやくまちにも正月明けの動きが出てきて、駆け回っております。

今年は穏やかな天気が続いており、美瑛町はいい感じの一年の

幕開けとなっています。今年はどのような年になるのか。

まず今週の内容は次のような感じで。

●凛々しく行進。美瑛消防団出初式

●97人の新成人の門出を祝う「美瑛町はたちの集い」

●新酒を交わし新年の幕開け。JAびえい新年交礼会

●台風被害もあった中で宿泊客数は微増。町内の上半期観光入込客数

●美瑛デイセンターすずらん。冬の地域療育事業で大満足の笑顔

●みんなで賑やかに50年目の始動。手をつなぐ育成会新年会

●十勝岳ジオパーク構想。看板解説で魅力を伝達

                その他もろもろ

土日にイベントが4つも5つも重なってしまい、このところ落ち着かない

週末。何とも慌ただしく取材に追われています。

そのような中で、精神・知的障がいや特別支援などの子ども達と

その家族を集め、餅つきや雪中運動会などを行う地域療育事業は、

できるだけ長い時間、腰を落ち着け取材させてもらいました。

「社会で生きにくい子どもたち」と言われていますが、何とも楽しそうで

とびっきりの笑顔もひじょうに良かったです。スタッフの気遣いも素晴らしく、

すごく良い時間を過ごさせてもらいました。

施設長が「みんな個性なんだから大事に伸ばしてあげたい」という言葉。

精神・知的障がい者たちのグループホームも、早くできればいいなあと

願っています。


2017-01-16 17:02:00

1月7日号、1836号も無事に発行できています。

更新を忘れていました。たいへん申し訳ありません。何しろ年末からずっと

バタバタし通しで、今年は正月気分も何もない一年の幕開けでした。

ひとまず内容は次のような感じで。

●五稜神社では初めての打ち上げ花火。町内各地で新年を迎える行事

●美瑛神社に今年も多くの参拝客。どんど焼きは神事、マナーを守って

●婦人防火クラブも愛情料理で協力。少年消防クラブ防火教室

●高砂酒造「雪中貯蔵酒」仕込み/●ビ・エールクラフト体験教室

●JAびえい今年も役場に鏡餅を寄贈

●各学校の教育指導の熱意が学力に反映

 学力・学習状況調査、全国レベルをキープ

●商協ガラポン抽選会、大盛況/白金温泉「白金雪あかりスタート」

●ひょうたんが吸い寄せるみんなの幸せ。

 アトリエトムテに縁起物の新商品

               その他もろもろ

今年は各地域の神社で、アイスランタンを飾ったり、花火を打ち上げ

たりと、地域の人たちが協力して、新年を祝う手作りの催しを用意。

楽しく盛り上げていました。こういう地域の人たちのつながりというの

はいいなあと、年の瀬の夜中に広い美瑛の各地域を車で走り回って

いました。年末号の無理もあり、珍しく風邪にもなりましたがひとまず

回復。町内会の新年会も賑やかに開かれ、年明けとなっています。

今年もよろしくお願い致します。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...