インフォメーション

2013-08-31 10:16:00

 美瑛の夏の風物詩として定着とした「農」と「商」の合体「どかんと農業祭り」が24日、JR美瑛駅前・本通り特設会場で開かれた。

 午前中の主役は「農」である。ステージ前では地域対抗の俵担ぎ競争。力自慢の選手が俵を担いで必死に走る、チームワークと体力勝負が繰り広げられていた。また農協幹部が勢揃いした紅白もちまき、祭りのボルテージは一気に盛り上がった。

午後の演出は「商」が担当。祭りの主役は昨年50周年を迎えた仮装本踊り大会。

夕闇迫ったステージに白金太鼓の力強い音が響く。町内外から参加した仮装団体が隊列を組み、踊りながら駅前広場に集結。奇を衒った扮装や豪勢な山車が駅前広場を練り歩く。しんがりは、今年も煌びやかな衣装を身にまとった商工会の招き猫軍団。駅前広場は練り歩く仮装の隊列で溢れ、祭りは最高潮に達した。


2013-08-24 16:06:00

戦時下の強制労働犠牲者の遺骨を発掘する「東アジアの平和のための共同ワークショップ」は20日、美瑛町忠別の林道で発掘作業を行い、人骨の可能性のある白いかけらを見つけて参加した僧侶らが供養した。

 

戦時中、東川町の旧江卸発電所建設工事で働いていた朝鮮人労働者の遺骨が、美瑛町忠別の旧共同墓地周辺に埋まっている可能性があると、市民団体「強制連行、強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム」など実行委が主催。東川町の「江卸発電所・東川遊水池強制連行・動員犠牲者遺骨発掘実行委員会」が事務局となり、フォーラム参加者を全国に募っていた。


2013-08-17 15:52:00

  

美瑛町スポーツセンターで11日、総合格闘技大会「STYLEBIEI12」が開かれた。  

 大会のルールは5分間1ラウンドで行なわれ、柔道着やTシャツ、レスリングタイツと格闘スタイルは様々。総合格闘技大会とあり決め技も、打撃技でKOや絞め技、関節技などで多彩。

 試合は寝技全般で戦う「グラップリング」、組み技と関節技で闘い打撃は一切禁止。また「総合格闘技」はパンチ、キック、投げ技、関節技などの攻撃法を駆使して勝敗を競う。 

大会を主催したのは、栄町の三つ星整骨院を営む竹内幸司院長。旭川でHLCジムを主宰し、健康増進、ダイエット対策、また格闘技プロを志向する者を育てている。

 

 

 


2013-08-10 16:24:00

 釜石市の中学生10名が北海道で「大冒険ざんまい」の日々を楽しんだ。

東日本大震災の来襲は子ども達にも様々な影響を及ぼした。釜石市の子ども達も受けたダメージは、計り知れないものがある。

国立大雪青少年交流の家(三上智所長)はその子ども達を北海道に招き、心身ともリフレッシュして頂こうと「大雪交流の家発・北海道で大冒険ざんまい」を企画し招待した。

来道したのは釜石市内の中学生10名。学校や学年は違うが男女それぞれ5名が8月7日、仙台港を発った。

 


2013-08-10 11:46:00

 白金インフォメーションセンターの一角に、美瑛の新鮮野菜を提供するカフェ「ちはるのやさいキッチン」がオープンした。

 オーナーの武田ちはるさんが、自家栽培した野菜を美味しく食べて頂けるようにと開店した。

ちはるさんは、「新鮮な野菜に感動してもらう、そのためには、ここで新鮮な朝取り野菜を食べて頂くのがベスト」と語り、カフェを「健康をサポートする発信基地に出来たらいいなぁ~」と夢見ている。

 


1 2