インフォメーション

2017-06-04 09:25:00

6月3日号、1856号も無事に発行

びえい新聞、復刊してから丸3年、今週号から4年目を迎える

ことができました。1年ごとに保存しているファイルも4冊目

に突入。相変わらず毎週バタバタしながらの発行で、先ほど

3年経ったことに気付いた次第。石の上にも3年と言いますが、

あまり成長はしていないようです。まだまだ修行が足りない

ということでしょうか。それでもお付き合いいただいている

購読者の皆様、いろいろと声をかけていただいている皆様に

は感謝しております。そんなわけで今週は次のような感じで。

 

●北瑛の丘で大地の恵みを生かした食づくり。

 フェルム ラ・テール美瑛、オープン

●名水の根強いファンから惜しむ声

 美郷不動尊・美郷名水が閉鎖

●町CRM導入事業。美瑛時間Wプレゼントキャンペーン

●町観光協会総会/●町公衆衛生協会総会

●陸上自衛隊上富良野第14施設群・美瑛町協力会総会

●丘のまち花いっぱい運動/●町長杯ゲートボール大会

●老人クラブと小学生が協働作業。景観をつくる花植え活動

●美瑛高校生もボランティアで活躍。フリーロード&清掃活動

●丸善建設ふれあいの街ボランティア清掃活動

ほかもろもろ

 

先週今週と週末は小中学校で運動会。保育園の運動会もこの後、

続きます。少人数の学校では、地域の大人も一緒になっての運

動会が開かれ、盛り上がっています。運動会の後は、みんなで

恒例の、校庭での一大ジンギスカンパーティー。こういう地域の

集まりというのは、いいものだなあと思う次第。人間関係が

わずらわしい時もあるのでしょうが、昔ながらの良き風習は残って

いってほしいものです。

それにしても6月は様々な催しが目白押し。忙しいのはありがたい

のですが、掲載が後回しになってしまう記事も出てきており、

催しごとに振り回されないよう気を付けているところ。

それにしても、いろいろともめ事も取りざたされていた場所では

ありますが、美郷の名水の閉鎖は十勝岳の伏流水として人気があっ

ただけに残念なところ。名山の麓に名水ありの言葉のように、復活

してもらいたいものです。

そんなことで、4年目に向かい今年も駆け回ります。


2017-05-28 10:26:00

5月27日号、1855号も無事に発行

4月から一転し、このところ催しが目白押し。紙面的にはうれしい

のですが、優先順位に悩ましいところ。次週に先送りするものもあり、

申し訳ないところ。美瑛町も何かといろいろ動きが出てきました。

そんなわけで今週は次のような感じで。

 

●いよいよ本番。十勝岳ジオパーク認定審査会で発表

●強剪定の状態から回復せず。北町の街路樹約40本伐採

●アスパラ料理提供「ザ・アスパラダイス美瑛」開催

●美化運動。丘のまち缶トリー作戦

●町商工会通常総会/●交通安全地蔵尊安全祈願祭

●サポートセンター燈で防火避難訓練

●美瑛町少年消防クラブ就任式/すずらん大学で花壇整備

●アグリスクール田植え体験/●小学生かけっこ教室

●ふるさと市場プレオープン

●異業種人材育成研修「地域課題解決プロジェクト」

 教育をテーマに精鋭チームが始動

 

東京を拠点とする洋菓子店「フェルム ラ・テール美瑛」が、北瑛の丘に

いよいよ完成。6月1日の本オープンを前に、今週末にお披露目されました。

映画「愛を積む人」のセットが建てられている場所で、ロケーションは抜群。

お洒落な建物内には、美瑛産小麦のパンやオーガニック系のスイーツの販売、

カフェレストランもあり、人気となりそうです。

美瑛おすすめのスポットがまた一つふえました。

一方で残念なこともあり、それは次週にお伝えします。

こんな風にいろいろとある美瑛町。楽しませてもらっています。


2017-05-22 18:11:00

5月20日号、1854号も無事に発行

今週、美瑛に明るい話題を提供したのがミシュランガイド北海道

2017特別版の発行。美瑛から飲食店で一つ星に3軒、ビブグル

マン1軒、おすすめに2軒が選ばれたほか、ホテル・旅館で3軒が

評価1~3を受けました。1万人規模のまちから9軒も掲載される

のは喜ばしいこと。「美食のまち美瑛」としてさらに魅力を広げて

います。そんなことで今週は次のような感じ感じで。

 

●ミシュランガイド北海道2017特別版。美食のまち美瑛から9軒が掲載

●丸山地区の住民に説明。プール建設計画住民説明会

●新農業人激励のつどい/●町商工業協同組合通常総会

●美瑛ロータリークラブ、美瑛神社に桜の木を植樹

●滝田木材が「びえい雪遊び広場実行委員会」に臼と杵を寄贈

●町内小学校で日本サッカー協会「心のプロジェクト~夢の教室」

●高校生も研修。町立病院でレクリエーション

●青少年健全育成協議会総会/●町長杯パークゴルフ大会

●みんなでステップアップ。美馬牛小、温泉校長 その他もろもろ

 

農産物直売所「ふるさと市場」が週末にプレオープン。賑わいました。

お目当てはアスパラ。立派なアスパラが出ており、みんなカゴいっぱ

いに購入。棚いっぱいにあったアスパラが、ほんの30分ほどで完売

する人気を見せました。美瑛はこれから、どんどんおいしい農産物が

出てきます。北海道はこれがうれしい。今年も楽しませてもらいます。

 


2017-05-15 07:49:00

5月13日号、1853号も無事に発行

春らしい晴天が広がったかと思えば強風や曇天、どうにも

すっきり春到来といった感じではない、このところの美瑛町。

やっと咲いた桜も七分咲きくらいで終わってしまいました。

しかし町本通りの街路樹のこぶしの花はきれいに咲いてい

ます。連休中は例年ほどの人通りは見られず、何か静かな

日々が続いているところで、今週は次のような感じで。

 

●びえい桜まつり賑やかに開催

●暴風被害修復などで補正。美瑛町議会臨時会

●連休中は満席となる人気。「美遊バス」スタート好調

●観光客で賑わい。十勝岳シェルターオープン

●パークゴルフ初心者講習会/●びえい星を見る会

●地域課題解決プロジェクト継続実施

●すずらん大学活動開始/●サッカー少年団清掃活動

●北日本少年少女レスリング、美沢の本山兄弟が仲良くメダル

●ジオカフェ開催  その他もろもろ

 

今年は本当に、何か妙に静かな春。昨年までは、連休となると

観光客が一気にまちにあふれていた印象なのですが、人の姿が

例年より少ない。これからなのかなあという感じです。

一方で農作業は順調の様子。十勝岳もだいぶ、雪が融けてきて

います。今週もまちの動きはいろいろ。走り回っています。

 


2017-05-07 21:39:00

5月6日号、1852号も無事に発行。

美瑛町も無事に桜が咲きました。本日7日の桜まつりも無事に開催。

風が強かったものの、子ども達も多く集まり、お祭りらしく賑やかに

行われました。一方の景観・写真国際フォーラムはう~ん?

「気持ちの悪い違和感」と表現された方の言葉が身に染みます。

そんな中で、嫌われないよう今週の話題は次のような感じで…。

 

●第56回美瑛地区統一メーデー

●町商工会。空き店舗対策推進委員会

●写真文化を通し景観保全と中国との交流を促進

 丘のまち美瑛 景観・写真国際フォーラム

●ディスカッションで農業者の本音に会場も共感

●一般町民は関係なし。レセプションパーティーで交流

●十勝岳や美瑛の歴史を封印し米国や大雪山の写真

 美瑛愛を感じさせない考えさせられる展示スタイルは斬新

 景観・写真国際フォーラム街なか展示5/14まで。

●美瑛神社120年記念事業奉賛会解散式

●美瑛神社にご当地くじ新登場。とうもろこしくじ

●絵葉描館20周年記念特別企画。はやかわきよしポストカード展

●公民館事業。からだの使い方講座

●学びの日常化に向けて。美沢小学校、布施校長

その他もろもろ

 

何かと批判の声も多い景観・写真国際フォーラム、始まりましたが

どういったものか。美瑛町は農業が基幹産業。そこがすでに誤った

認識の写真家の方のご意見も飛び出し、何でこういうことになって

しまうのかなとかなり疑問。展示も批判が出ておかしくない内容。

突っ込みどころが満載で、役場担当者の一部が何かの狙いがあり

やっているのかと作為さえ感じる次第。う~ん・・・。

しかしあまり役場のことを書くと、締め付けが非常に厳しくなるので

難しいところ。小さいまちはしがらみが大きいです。

そんな中で何とかきちんとした町民目線の情報は伝えていきます。

 

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...