インフォメーション

2018-03-03 10:19:00

3月10日号、1893号も無事に発行

暴風雪の影響で本日もJR富良野線は全線運休。今日はだいぶん

空模様は落ち着いていますが昨日はすごかった。まちの中でも

前が見えなくなるほどの猛吹雪、路地に入れば雪の吹きだまりで

車の運転にひと苦労。町内の学校もすべて休校になり、外出を

控えるようまちでも放送が流されました。そんな中でも、新聞の

配達日だっただけにやむなく駆け回り、たいへんな一日になって

しまいました。そんなところで今日はやっとひと息。今年はもの

すごく雪が多い年です。雪が多い年は豊作と言われており、

その通りになってくれたらうれしいのですが今のところは、もう

雪はいらないといった感じです。今週は次のようなところで。

 

●町建設業協会50周年記念式典

●美瑛の雪上絵フェスティバル大盛況

●十勝岳噴火市街地住民避難訓練/●十勝岳噴火総合防災訓練

●どうなってるの?役場の管理体制。土地代金支払い遅延で損害賠償

●全日本スノーモビル選手権・美瑛大会

●土曜学習。楽しみながら漢字を学習

●少年鑑別所の専門官が講義。美馬牛中で薬物乱用教室

●老人クラブ美田百世会で健康講座

●大雪青少年交流の家。大雪冬のレクスポーツ祭典

●報徳社・婦人団体連絡協議会主催。料理研究家の星澤さんが講演

●満天の星びばうし。当事者を招き、引きこもりや登校拒否をテーマにお茶会

その他もろもろ

 

年度末を前に今週来週はイベントが盛りだくさん。新聞ネタが増えるのは

いいのですが、ゆっくり腰を落ち着いて聞くことのできないものもあり、

それは痛いところ。中でも今週の引きこもりお茶会は、内容がひじょうに

よくじっくり参加したかった感じです。当事者、当事者を持つ親、支援学級の

先生と、それぞれの立場の人たちが本音で語り合うもので、和やかに前向

きに意見交換。それぞれが胸に抱えるジレンマも伺い知ることができました。

こういったお茶会、美瑛でも広がってほしいものです。

 

2018-02-27 08:47:00

2月24日号、1892号も無事に発行

週末はイベントが盛りだくさん。寒い中でも美瑛町は賑やかに

やっています。18年度予算も出て、新しいことも始まります。

相変わらず予算あるなあという印象。いろいろできるというのは

元気があってよろしいのですが、中には疑問が残る事業も。

ひとまず今週は次のような感じで。

●プール建設、農業担い手研修センター、白金エリア再構築など

 2018年度予算101億200万円を計上

●大雪青少年交流の家、北海道幼児教育フォーラム開催

●青空が広がる絶好のコンディション。宮様国際スキーマラソン

●町文化財審議会で意見交換/●老人クラブ連合会研修会

●6年生の引退公演。美瑛小スクールバンド定期演奏会

●青少協・少年補導員・防犯指導員、合同会議で情報共有

●郷土学館「美宙」でアイスクリーム作り体験

●元全日本代表が熱血指導。キャリア教育バレーボール教室

                 その他もろもろ

今年は美瑛町も他の地域同様に雪が多く、除雪には苦労して

いる様子。あと一ヵ月くらいと思いながらも、そろそろ春が待ち

遠しくなってきました。それにしてもこの間、お正月が来たと

思っていたのが、もう2月も終わり。早いものです。

今年は、びえい新聞復刊から5周年。バタバタやっているうちに

5年目を迎えることができました。支えてくれている皆様に感謝

しながら、今後ともよろしくお願い致します。

 

2018-02-18 11:02:00

2月17日号、1891号も無事に発行

本日18日は、美瑛町の3大スポーツイベントのひとつ宮様国際

スキーマラソンが開催。気温はマイナス10度を下回っていますが、

久しぶりの雲ひとつない快晴で、ダイヤモンドダストも輝く素晴らし

い景色が広がっています。気温は低くても、太陽の光があれば

あたたかく感じます。美瑛らしい冬の風景、いいものです。

バタバタしているところですが今週は次のような感じで。

 

●安政噴火を再検証し全国大会で発表。

 上富良野・美瑛が連携し地域の歴史を探求

●竹内道議連合後援会・新年交礼会

●放課後デイの子ども達の作品も好評。いちばん星わくわくバザー盛況

●陸上自衛隊上富良野駐屯地第14施設群、高齢者住宅で除雪ボランティア

●突然の中止に参加町民カンカン!トラブル対応で見えた町のリスク管理

●青葉幼稚園おやじの会で外遊び/●美瑛小で幼保小交流学習

●猟友会美瑛部会がシカ駆除

●富良野沿線下の句かるた大会で美瑛の小中学生が4ブロック制覇

●美瑛手づくりフェア大好評 その他もろもろ

 

今週はスキーマラソン、来週は雪上絵フェスティバル、スノーモービル

全日本選手権、いきいきフェスタと冬のイベントが続き、長い冬もそろ

そろ終わりかなあといった感じの美瑛町。今年は雪が多いとぼやき声

も聞かれますが、今日のような快晴の日は、北海度の冬はいいなあと

思わされます。

先日、同郷の熊本県出身の方と話しをしていたら、「熊本も雪が降った

みたいだよ」とのこと。大雪で被害が出ている地域もあり、今年は

全国的に雪が多いのか。一方で沖縄ではもう桜の季節とのことで、

日本はいろいろですね。

なお上富良野町と美瑛町の郷土史研究の方々が共同で十勝岳の

安政噴火を再検証したのですが、歴史を覆す「安政噴火はなかった」

との興味深い内容となっています。おもしろいもので、今後の反応が

期待されます。

 

 

 

 

2018-02-10 10:26:00

2月10日号、1890号も無事に発行

来週は美瑛の3大スポーツイベントのひとつ、宮様国際スキーマラソンが

開かれるとあって、コース整備をはじめまちでは準備が着々と進められて

います。おかげで除雪も念入りに行われており快適です。

そんな中で今週は次のような感じで。

 

●美しい景観を守り育てるまちづくりセミナーで意見交換

●ホテルパークヒルズ、30周年に感謝を込めて美沢の子ども達を招待

●保育スタッフの熱演に大歓声。保育園や幼稚園で節分の豆まき

●旭むらさき久々の優勝。JAびえい杯ゲートボール大会

●中垣哲也さんオーロラ上映会/●婦人団体連絡協議会研修会

●美瑛の子ども達が大活躍

 ・子どもかるた大会上川予選で勝利。小・中学生共に全道大会出場

 ・エスポワール杯で美瑛サッカー少年団がU8ブロック優勝

●エアボードレースで盛り上がる。青年会議スポーツ交流会

●郷土学館「美宙」、佐治天文台長を囲む宇宙談議/●皆既月食観望会

●美瑛高校、18年振りに報道局が復活  その他もろもろ

 

理学博士の佐治晴夫先生の宇宙談議、宇宙物理学の世界的権威

ながら親しみのある語りかけで楽しませてくれました。美瑛に

いるからこその贅沢なことです。皆既月食観察会観望会の日がちょうど

先生の誕生日の日で、美宙でちょっとした誕生パーティー。70歳を

越えていながら、まだまだお元気です。

美瑛はこのところ例年よりはあたたかい感じですが、来週はまた

冷え込む様子。来町の際はあたたかい格好で。

 

2018-02-04 11:25:00

2月3日号、1889号も無事に発行

先日の月食は、郷土学館で観察会があり、寒い中20人ほどが

集まり甘酒も振る舞われ楽しくみんなで観察。しかしあいにくの

天気で、月食のピーク時は雲隠れ。モニターでのライブ中継での

観察会となりました。それでも色んな解説を聞きながら、みんなで

わきあいあいと観察できたのは、小さいまちならではの良さを

感じさせてくれました。今週の記事には間に合わなかったので、

この内容は次号で。今週は次のような感じで。

 

●びえい雪遊び広場に響く賑やかな歓声

●町農民連盟・美瑛地区連合会合同旗開き

●美瑛町「少年の主張」発表大会/●美瑛東小で地域参観

●8団体がステージ発表。子ども音楽会

●インバウンド講座~タイ人観光編/●十勝岳ジオパーク推進協議会

●老人クラブ連合会新年会長会議

●アトリエ・トムテがトーンチャイムで高齢者や園児達と交流

●ベジフラワー体験教室が大好評       その他もろもろ

 

昨日は町内の幼稚園や保育園で恒例の豆まき。これが毎年、保育士さん

たちの熱意がふんだんに込められており、ひじょうにおもしろい。鬼の

演出もかなり凝っていてレベルが高く、楽しませてくれます。子ども達の

反応も見ていて微笑ましいもの。怯えて隅っこに固まる年少さんたちを

年長さんたちが一生懸命にかばったりする姿や、動じずに鬼を追い回し

豆をぶつける勇敢な園児もおり何とも賑やか。年長さんたちは、さすがに

余裕があるのですが、初めての年少さんたちは、ほとんどが固まってし

まいます。こうやって大きくなっていくのかなあと。

それにしても2月3日は、スーパーに買い物に行くと、ピーナツ豆と恵方巻き、

バレンタインのチョコばかりで、いつからこんなに忙しい日になったのかと

少々面倒な気にさせられます。どうでもいい派には、恵方巻きを押し付けら

れると閉口してしまいます。節分の豆まきだけでいいのになあ。

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...