インフォメーション

2018-01-17 09:36:00

1月13日号、1886号も無事に発行。

実質的に今年最初の号も発行できました。更新が遅れて

しまいたいへん失礼しました。やらなければいけないこ

とが山積みで、今年も早々にバタバタしている状況。

新年会はようやくひと息。今年は何かt後お誘いが多く

色んな人たちと飲む機会がありました。こんな調子で

また1年、過ぎていくのかなあといった感じです。

そのようなところで今週は次のような感じで。

 

●町役場・JAびえいで新年交礼会/●美瑛消防団出初式

●新成人96人の門出を祝福「美瑛町はたちの集い」

●手をつなぐ育成会新年会/●少年消防クラブ冬季防火教室

●ディセンターすずらんで冬の地域療育事業

●町商協ガラポン大抽選会盛況

●JAびえい今年も役場に鏡餅贈呈

●美瑛神社には朝から多くの参拝客

その他もろもろ

 

今年は穏やかな年明けで過ごしやすく、その後に

大雪や強風など荒れた日もあったものの、比較的

いい感じの美瑛町。今年は新しい動きもあり、

楽しみです。そのうちのひとつは、今月末にでも

伝えられたらいいなあと探っているところ。

おもしろい話題を、今年もどんどん提供して

いきたいと思います。

遅くなりましたが、本年もよろしくお願い申し

上げます。

 

2017-12-31 12:31:00

1月1日号、1885号も無事に発行

 

今年はかなりギリギリの作業となってしまいましたが、何とか

30日の夜に無事配達まで終了。ようやく年末を迎えることが

できました。今年も元旦号は大増量の14ページ。内容も濃い

ものが多く、時間がかかってしまいました。徹夜続きの作業も、

終わってしまえば解放感。ひと息ついたところで、年越しの

取材に備えています。美瑛でも、午前0時に神社で花火を

上げて祝う地域も出てきました。アイスキャンドルを飾ったりと

それぞれの地域で新年を迎えています。夜中にへき地の方を

車で回るのはけっこうたいへんですが、よく来たねと言ってもら

えるのも楽しみのひとつ。そんなところで新年号は次のような

感じで。

●浜田町長新春インタビュー。

 前向きな楽しみが多々ある希望を持てる一年に期待

●放課後児童対策に母親らが高い関心。第8回町議会定例会

●日本ジオパーク認定見送りを報告。

 十勝岳ジオパーク推進協議会 臨時総会

●「祝・北海道命名150年」北海道議会議員 竹内英順

●この税金は誰のもの?

 ▼美瑛CRM導入事業1200万円也

 ▼NPO法人 美瑛町写真映像協会設立1150万円也

●美瑛地区連合・美瑛平和運動フォーラム 定期総会

●美瑛町の景観を守り育てるまちづくりセミナー

●びえいワイワイ観光かいぎ/●歳末合同防犯パトロール

●白金インフォメーションセンタープレオープン

●JAびえい「ふれあい交流会」/●手描きPOPで商売繁盛

●アトリエ・トムテ利用者がトーンチャイム演奏を披露

●置杵牛福寿会健康講座/●美瑛高校インターンシップ発表会

●中学生バドミントン大会/●美瑛柔道少年団から全道強化合宿に選抜

●松浦武四郎美瑛踏査ルートに新見解

●どんぐり保育園クリスマス会/●親子クッキング教室

●美馬牛中学校でクリスマス給食会

●クリスマスコンサート大盛況/●すずらん大学実技講習

●かるた練習会に多くの子ども達が参加      その他もろもろ

 

新年の表紙を飾ったのは、美瑛初のパピーウォーカーの手で

盲導犬候補生としてそだてられ、盲導犬協会に送り出された

ものの、厳しい選定の結果、盲導犬の適正に合わないとされ

美瑛に戻ってきたビルケ君。盲導犬にはなれなかったものの、

これからセラピードッグとして美瑛で活躍する予定です。

何かの挑戦に失敗しても、それで人生が終わるわけではなく、

誰にでもセカンドキャリアの挑戦は用意されている。それを

支えてくれる地域、人々というのがやさしさの社会なのかなと

のイメージで表紙を飾ってもらいました。振り返れば自分自身、

セカンドキャリアどころが10近くのキャリアの変遷があって今

に至っており、ある意味、社会不適合の一面も持っていると

言えます。それでも、びえい新聞は今年で復刊5周年。私も

美瑛在住5年目になります。続けさせてもらっている地域に、

そろそろ恩返ししていかなくてはと、そんな一年にしていきた

いと思います。

2018年もよろしくお願い致します。

 

 

 

2017-12-17 14:06:00

12月16日号、1884号も無事に発行

年末らしい忙しさが続いている今日この頃。やらなければいけない

ことが次々と湧いて出てきており、いつも時間に追われてばかり。

そんな中で仕上げた今週号は、次のような感じで。

 

●花のまち美瑛をアピールする大きな成果

 北海道フラワーソン調査、開花種数全道2位

●セブン・イレブン・ジャパンと災害時の物資供給等の協定締結

●佐治理学博士クリスマスレクチュア大盛況

●美瑛町総合教育会議/●全町ミニバレー大会

●青少協・少年補導員・防犯指導員、合同会議で情報共有

●障がいの日にゲームやスポーツで交流

●クロスカントリースキー白金カップ記録会開催

●図書館クリスマス会が大盛況

●子ども支援センター「ころころクリスマス会」

               その他もろもろ

今週は新聞をお休みさせていただき、年末に元旦特別号

の発行となります。元旦号は今年も14ページの大増量を

予定。これからかなり体力のいる作業となります。

それにしても早いもので、来年は復刊から5周年。

何とか続けてこられており、支えていただいている読者の

皆様に感謝しております。あれやこれやと話題は提供できて

いるのかなあといった感じです。ひとまずは、元旦特別号に

向けて今年最後の猛ダッシュです。

 

 

2017-12-11 17:58:00

12月9日号、1883号も無事に発行

 

本日11日月曜日は、雪ではなく雨。道路の雪が

シャーベット状になり、車の運転も注意が必要。

白金方面から帰る途中、ハンドルをとられたのか

道路から飛び出しひっくり返っているトラックを

見かけました。運転手さんんは無事だったようですが、

気を付けたいものです。まちでは水を含んで重く

なった雪に、皆さん苦労しながら雪かきしています。

この時期に雨が降るとは、これまで記憶にないこと。

そんな美瑛町での出来事は、次のような感じで。

 

●地域住民が協力。明徳小学校でひと足早くもちつき大会

●3世代で賑やかに。ルベシベでも楽しくもちつき

●満天の丘びばうし「いちばん星」放課後等デイサービス開設

●ことばの教室学習会でパーカッション体験

●少年団リーダー研修修了/●乳幼児の親子がヨガ体験

●すずらん大学自治会「歌声喫茶」開店

●冬の町民バドミントン大会/●成年ミニバレー大会

●母と女性教職員の集い。詩画作家の坂本勤さん講演会

●駅前ハートツリーが点灯

●写真と太鼓のコラボ。鼓楽同志ライブが観客を魅了

 

もちつき大会で、もちを食べすぎてしまい体重増。

つきたてのもちを色んな調理でおいしくいただきました。

今週もクリスマス給食会やもちつきの取材があり、

ますます体重が増えそう。寒いからと移動は車ばかり

で体を動かさず、忘年会も声をかけてもらっていると

ころがいくつかあり、これでは太るばかり。健康管理

には気を付けたいものです。

2017-12-04 10:19:00

12月2日号、1882号も無事に発行。

12月に入ってしまいました。毎年この時期になると思う

のですが早いものです。イベントもあちらこちらで相次い

でおり、取材に追われております。

新年号の準備も進めなければと思いつつ、

今週は次のような感じで。

●町議会第7回臨時会。補正後の一般会計総額103億2540万円

●旭川信金と「地方創生に関する包括連携協定」締結

●町商工会、永年勤続従業員表彰式/●第2回行政区長会議

●美瑛小で幼保小の連携授業/●美瑛GB連合冬季大会

●保護者らが特別授業を体験。美馬牛中学校PTA研修教室

●白金インフォメーションセンター道の駅申請

 24時間トイレ、夜中の利用者はどんな人?

●旭川信金美瑛支店ギャラリーで地元作家の作品展

                  その他もろもろ

一気に雪が降って、今年は雪が多い感じもしていますが、

天気は比較的、穏やかで気温も高め。雪景色の美瑛も

きれいなものです。

週末はいろいろとイベントが重なり、町内を駆け回ってい

ました。明徳小やルベシベ地区ではもちつきもあり、

ひと足早くお雑煮などもごちそうになりました。つきたての

もちはおいしい。そういった楽しい話題が多いのですが、

まちの事業では首を傾げたくなるものもあり、よろしくない

なあといった声も多く聞かれるようになっています。

予算があるからではなく、ちょっと立ち止まって考えることも

必要なのかなあと思いつつ、今週もいろいろ伝えていきます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...