インフォメーション

2012-01-28 10:50:00

すっかり冬の風物詩として定着した感がある「美瑛の雪上絵」。真っ白な雪の原野に描かれる巨大な雪上絵は、毎年、上空からの映像とともにマスコミの話題を集めている。

 美瑛の雪上絵フェスティバル実行委員会(薦田哲雄委員長)は、今年も美瑛の丘をイメージした巨大な雪上絵(110㍍×縦90)をファームレストラン千代田周辺に作る。

図柄は今年も美瑛の丘を飛ぶ「とんぼの未来・北の里づくり」のロゴマーク。それに今年は美瑛の新名所「青い池」と、東日本大震災の被災地を激励する意味を込めた「絆」の文字を加えた。

 

 雪上絵は雪の原野に融雪材や卵の殻を使った環境に優しい絵の具を使って描くもの。雪が降ったり、強い風が吹けば消えてしまう。今年の開催予定日は2月25()午前10時から、但し悪天候の場合は26日に順延する。

 雪上絵の制作時間はおよそ2時間程度。他にミニ雪上絵のコーナーもあり、親子や友達同士で描いてみるのも一興。防寒具着用で参加者を待っている。


2012-01-09 13:02:00

成人を祝う『美瑛町はたちの集い』(町教委主催)が町民センター美丘で開かれ、対象者85人の中から出席した新成人62人が新たな門出を祝った。

村上和男町教委委員長は挨拶で「今日は大人の仲間入りする記念日。大人と何か、一人前とは何かを考え、しっかりと胸に刻んで欲しい」と自覚を促し祝福した。来賓の浜田町長、斉藤議長、竹内道議からも応援激励の挨拶。

新成人を代表し秋山圭大さんと上村彩さんが二十歳の誓い。成人を迎えたことの決意や感謝の気持ちを力強く述べた。


2012-01-08 12:58:00

新春恒例の美瑛消防団(瀧川忠司団長)の出初め式が1月7日、駅前本通りなどで行われた。
 寒さも和らいぎ爽やかな日差しも垣間見られた駅前本通りに、美瑛消防団員126名が車輌とともに集結。各分団が団旗を先頭に隊列を組み、浜田町長(管理者)を先頭に来賓者が観閲した。その後、分列行進では美瑛農協から町立病院に向け、各分団が意気揚々と行進し消防車輛が威容を誇るかのように続いた。

町民センターでは永年勤続消防団員の表彰式が行われた。団員、町議、行政区長、後援会者らで会場は約250名。管理者の浜田町長は「昨年は予測できない震災や異常気象に見舞われた。美瑛が安全な町づくりが出来たのは皆様のおかげ」と、消防団員の力が一層重要になったと挨拶した。

 

 

 

 


1