インフォメーション

2017-07-18 08:25:00

7月15日号、1862号も無事に発行

近年では珍しいくらい、美瑛でも暑い日が続きました。

屋外でのイベント取材も多く、会う人毎に「日焼けしたねえ」

と声をかけられている次第。いつものことですが、この時期は

真っ黒になってうろうろしています。

ところが一転して日曜日の雨からは気温が下がり、曇天で

涼しい日が続いています。そんな中で今週は次のような感じで。

 

●チーム・びえいめいと、美瑛町市街地を伴走

 認知症支援プロジェクト「RUN伴」開催

●美瑛慈光園サポートセンター燈・七彩、開設10周年記念祭

●美瑛小でプランター被害。不審者への注意呼びかけ

●商工会青年部どかんとビアパーティー大盛況

●行灯行列に大きな声援。美高祭/●図書館古本市が人気

●英語併記の交通標識設置/すずらん大学チャレンジDAY

●少年団スポーツ交流会、水鉄砲合戦で大歓声

●青葉幼稚園おやじの会で親子交流

●皆空窯で子どもたちが陶芸作品づくり/●山里直売所開設

●こころの健康づくり教室講演会。青年期のうつを考える

                 その他もろもろ

7月24日は美瑛神社の火まつり、翌25日は美瑛神社例大祭と

賑やかに夏祭りが続きます。8月に入ると、あちらこちらから

盆踊りの太鼓の音も聞こえてきます。毎年のことですが、こう

いった風物詩はいいものだなあと思わされます。

夏は短い分、楽しみは凝縮。夏野菜もおいしいものが

たくさん出てきており、よい季節になりました。

 


2017-07-09 08:00:00

7月8日号、1861号も無事に発行

九州は大雨のようですが、こちらは申し訳ないような快晴が

続いています。屋外イベントも多く、熱中症対策が呼びかけ

られる夏日。観光客も目に見えて増えています。美瑛らしい

夏の到来の中、今週は次のような感じで。

 

●カラー放水で虹を描く。美瑛消防団訓練大会で成果を披露

●美瑛若者応援プロジェクトBー友ファイナル

 おとなの運動会で楽しく有終の美

●社会を明るくする運動スタート/●釈尊降誕「花まつり」

●陸上自衛隊上富良野駐屯地「創立記念式典」

●町民健康マラソン開催/●美瑛町パークゴルフ協会長杯

●美瑛中学校部活動講演会の集い/●育児講座「救急救命講座」

●町役場内に記念写真撮影コーナー登場

●びえい星を見る会「昼間でも空の星に学ぶ」

●十勝岳ジオパーク推進協議会・地域普及部会で現地審査を確認

●講演会「青年期のうつを考える」 その他もろもろ

 

昨日は商工会青年部の一大ビールパーティー。夏日にも恵まれ

大盛況の賑わいを見せていました。町民がワイワイ楽しそうに

やっているのを見て観光客も参加。一緒にビールを飲んで楽しむ

よい空間ができていました。それにしても週末は、3週連続で

ビールパーティー。取材なのか飲みに行っているのか微妙な

ところですが、おかげで色んな人に会い色んな話しも聞くことが

できました。いろいろと声をかけてもらうぇるのも、ありがたい

ことです。4年目を迎えて、何とか顔を覚えてもらえてきている

のかなという感じです。

暑いとは言っても、北海道の夏は風が爽やか。過ごしやすいです。

夏休みには、ぜひ北海道へ。そして美瑛にお立ち寄りください。

 

 

 


2017-07-01 19:01:00

7月1日号、1860号も無事に発行。

7月に入りました。美瑛はよいシーズンで、外国人観光客も

多く見られるようになりました。それにしても先週は、知的障

がい者のグループホーム建設に向けたチャリティービールパ

ーティー、今週は中学校部活動応援ビールパーティー、来週は

商工会どかんとビールパーティーと3週連続ビール三昧。

美瑛は賑やかな夏を迎えています。

そんな中で、今週は次のような感じで。

 

●町議会第4会定例会。この税金は誰のもの?

 俵真布の町営一般住宅建設に質問集中。

 ・町営プール建設を3議員が問う

 ・町営一般住宅建設に疑問視・町は地域住民の総意と強調

●手をつなぐ育成会50周年記念。チャリティー夕べのつどい大盛況

●町防犯協会、花園地区で防犯パトロール

●交通安全対策推進協議会通常総会

●ファームズ千代田ポニーばん馬大会

●異業種問題解決プロジェクト。教職員や中学生たちと意見交換

●大雪青少年交流の家初開催「たびうさぎファミリー」大好評

●自由な発想でまちの魅力を発信。3小学校合同「6年生ふるさと学習」

●今年も絶品トマトが登場。あさひ気まぐれ市場オープン

●少年サッカーチーム「SFIDA」北北海道大会出場

その他もろもろ

 

美瑛は、知的や精神障がい支援に、すごく熱心な活動をしている人々が

おり、いつも頭が下がる思いでいます。私も以前から、知的・精神障がいの

分野は力を入れてきた部分もあるのですが、携わっている方々からは、

本当に勉強させられています。今回、その代表格でもある手をつなぐ育成会

が50周年。ボランティアで記念誌のお手伝いをさせてもらってますが、いい

ものにしたいと思います。

それにしても俵真布の町営住宅の件。萌育実生産組合というキノコ生産の

法人で働くベトナムからの外国人研修生のために、町営住宅を建設する

というもので、読者の方から続々と電話がかかってきています。

外国人が悪いということではなく、一法人のために町民税の積み立てを使い

町営住宅を建てるのか。町営住宅に入れるのは就労者ですが今回の入国

ビザは外国人技能実習生ビザ。研修生に就労させるということを言っている

ようなもの。さらに要望を出した萌育実生産組合の組合長は町議会議長とい

うことで、さすがに「これはダメだろう」との電話が相次いでいる次第。

基本的には条例違反の抵触する恐れがある中で、町では言い訳三昧。

かなり生臭いものがあり、町も「どうしてしまったのか」という感じです。

町議会はインターネット中継もされているので、興味のあるかたは

ご確認を。この部分は、2017年6月23日第4回定例会の「3」で、

10分くらいからの議員質問で見ることができます。30分ほどなので

ぜひ。正常な意見をお寄せいただければ幸いです。

 

 

 

 

 


1