インフォメーション

2014-02-15 14:13:00

 

平成23年3月11日に発生した東日本大震災。その2ヶ月半後、縁あって石巻市渡波小学校に避難していた55名を美瑛に招待した。避難所に配属された看護師さんとのやりとりを通し「私達にもできることは」と、話合ったことが発端となった。美瑛町有志が中心となり実行委を立上げ、多くの町民や企業、団体から支援を受けて招待が実現した。

 

 丸山2丁目「木のいいなかま」(岡田良平オーナー)で7日、「東日本復興支援報告会」が開かれた。主催は美瑛有志の会と旭川大学ボランティアサークルCROSS。

 

「ちょこっと旅プレゼント」から始まった石巻市渡波地区との交流。旅は終っても美瑛町有志との交流は続いている。

 

2回目の交流は岡田さんら美瑛町有志が石巻市渡波を訪れ「焼き芋会」を行った。平成24年4月には鹿児島県のボランテイァも加わり「北と南から石巻に元気を届けよう」と合同交流会。そして12月には旭川大学ボランティアも加わり餅つき大会。平成25年4月に仮設住宅で花見。美瑛産越冬ジャガイモと鹿児島黒豚で肉ジャガを作った。また12月には餅つき会や風船作りを楽しんだ。


2014-02-15 13:59:00

 

厳寒の日々が続く2月、早くも美瑛野球少年団(竹本匡志監督)が冬季練習に励んでいる。

 

8日には旭川・龍谷高校野球部(高橋健監督・部員20)が下宇莫別の「㈱おおとり」の農業倉庫で、美瑛野球少年団と合同練習を行った。

 

「オーイ」「ウィー」と野太い声が飛び交う中を、小柄な小学生と高校生が元気一杯、白球を追う。先ずは体を充分温めてと柔軟体操、寒い倉庫内でも少年たちの頬は赤く染まった。

農作物を収納する約百坪の倉庫は床が火山灰で覆われ、軽いノックの捕球練習やスパイクを履いて練習が出来る。

室内練習場と化した農業倉庫のオーナー蔵重満社長は、龍谷高校野球部OBであり野球部とは親交が厚い。また同社長は美瑛BOSクラブの会長として野球少年団に係わりは多い。そんな関係で昨年から両者の合同練習が始まった。

 


2014-02-01 16:58:00

 美瑛町農民連盟・美瑛地区連合会の合同旗開きが28日、町勤労者センター「たもっく」で開かれた。

旗開きは正月の間たたんで保管してあった労働組合の団結旗を、再び開いてその旗の下で心新たに団結を誓い合う儀式。農連、連合美瑛、平和フォーラム、全道庁、自治労、北教組、全林野と、各労組の旗が一斉に開かれ、各労組から参加した組合員約50名が旗開きを祝った。


2014-02-01 16:55:00

 

浜田哲町長の後援会「哲翔会」(川崎章道会長)26日、農協3階大ホールで新春の集いを開いた。

農協、商工会、森林組合など美瑛の主だった組織や団体、企業などから幅広い支援者が出席。2百名を越える盛会となった。

川崎会長は主催者として「早いもので3年が過ぎ残り1年となった。浜田町長が先頭に立って美瑛の町づくりを発信してきたが、今以上のご支援を」と訴えた。


1