インフォメーション

2013-03-09 12:43:00

美瑛町農民連盟(小野寺雅芳委員長)は2日、第65回定期総会を農協3階大ホールで開催した。

 安倍晋三首相がTPP交渉参加に前向きな意向を示していることを受け、総会はまさにTPP交渉参加断固反対一色に化した。

 

 冒頭小野寺執行委員長は昨年の出来秋を総括した後、TPP交渉参加問題を「報道は、安倍首相が聖域なき関税撤廃ではないと報じ、農業者だけの問題のように報じている。TPPは決して農業者だけの問題ではない。医療や保健など、地方が成りゆかなく仕組みだ。またTPPの見返りに、農業生産を約束する条件闘争と云う言葉も出てきた。条件闘争ではなく、我々は断固反対しなければならない」と訴えた。

 来賓の浜田哲町長、徳永エリ参議院議員、佐々木隆博元衆議院議員、竹内英順道議、北口雄幸道議、大西昭男組合長らが祝辞に登壇。全員がTPP問題に触れ、何としても阻止すると反対を表明した。

徳永議員は「絶対に負けません。安倍首相が表明しても、私達は北海道のため阻止します」と力強く宣言し、「佐々木隆博さんに何としても永田町に戻ってきて欲しい、帰ってくる日まで頑張る」と付け加えた。

佐々木元議員は「TPPが導入されたら被害は甚大。条件闘争のように伝えられているが、政府は農業団体の反応を見ている。今が正念場だ」と団結を呼掛けた。竹内道議も「自民党も民主党もない、オール北海道で反対」と断言。北口道議は「北海道には遺伝子組み換え作物の交雑を防ぐ条例がある。ISD条項が発動されれば、条例も吹っ飛んでしまう」と反対を表明。大西組合長も「農家をいかに守るか、農連と力を合わせて闘っていく」と、力強く表明した。


2013-03-09 12:37:00

38回すずらん大学卒業式並びに修了式が7日、町民センター大会議室で開かれた。

拍手で待ち受ける会場にリボンを胸に付けた11名の卒業生、黒いマントに角帽姿の博士課程修了生15名が胸を張って入場する。歌詞をかみ締め大声で歌う「美瑛、美瑛、美瑛すずらん大学校~」の校歌斉唱。

千葉茂美学長から卒業証書を手渡され感無量の面持ちの卒業生。来賓の浜田町長、齊藤議長が祝辞。

在校生を代表し遠藤雄治さんが送辞を述べ、秦憲一さんが卒業生を代表して「皆さんと出合えたことを財産とし、町の発展に微力ではあるが力を注ぐ」と力強く答辞を述べた。

ピアノの調べが静かに流れ、和やでほのぼのとした雰囲気の春の訪れであった。


2013-03-02 09:49:00

地域福祉を推進する美瑛町社会福祉協議会(青田義政会長)28日、福祉センターで「第3回コミュニティづくり研究会」を開いた。 参加者は各地区の福祉推進部長や民生委員ら約50名。

会に先立ち「地域福祉表彰」が行われた。表彰は積極的に福祉活動を推進する自治組織や福祉善行者を称えるもので今回が始めて。

表彰されたのは、『一人暮らしのお年寄りを見守る町内会』として花園第一町内会(馬場克廣会長)。また『地域の助けあいによる除雪活動』として北瑛公民分館(堀内重夫分館長)。そして『地道続けるごみ拾い活動』として国枝孝さん(西町4丁目)が受賞した。

 

続いて、「小規模多機能型居宅介護センター支心」の川本俊憲所長が「地域の中のコミュニレーションをどう作るか」講演した。

長年の福祉活動を踏まえた同氏の、軽妙な言葉の中にも訴えるものは多い。地域に於ける見守り活動を、具体的に事例を挙げ紹介。また活動を進めていくポイントなどを語った。


2013-03-02 09:47:00

美瑛の雪原に巨大な雪上絵が現れた。写真撮影を待ちかねたように小雪が舞い、雪上絵のはかなさを見せ付けた。

 第5回「美瑛の雪上絵フェスティバル」が23日、美瑛町水沢ファームレストラン千代田の丘陵で行われた。

 今年の雪上絵も「とんぼの未来・北の里づくり」のロゴマークと、十勝岳の山並みに囲まれた青い池を鮮やかな色調で描いた。

 

真っ白な雪原にヨコ100㍍×タテ90㍍の巨大な雪上絵を描こうと、要所ごとにGPSでポイント付けて準備した。当日は旗の色と同じ色の絵の具を撒いて行くこと。使うのは環境に優しい卵の殻や融雪材の粉末絵の具。

作業を担うのは町内のボランティア約100名。美瑛の雪上絵フェスティバル実行委(薦田哲雄会長)の活動に賛同する有志が集った。


1 2